【体験談】実際に使ってみて見えてきたDine (ダイン)の良い点と悪い点について

Dine体験談

他のマッチングアプリと比較して、圧倒的に出会えることで有名なDine (ダイン)を使ってみて感じたDine (ダイン)の良いところと悪いところについて、本記事で体験談を基に徹底解析していきます!

■実際にDine (ダイン)を使ってみて感じたメリット

とにかく出会うまでの段取りがスムーズ!

実際に、Dine (ダイン)を使ってみて感じたDine (ダイン)の良い所は、『出会いの最短距離』というキーフレーズがあるだけあって、Dineでの出会いは、面倒で無駄なやり取りが一切なく、出会いまでのスピードがとても早いです。

まず、 Dine (ダイン) は、他のマッチングアプリと異なり、”いいね”と一緒に行きたいお店の提案を一緒に送ることが出来ることができます。

そのため、マッチングしたらデート相手とデート場所が決まるんです!他のアプリの一般的な流れは、いいねを送ってマッチングしてから、簡単な自己紹介をして、デートの合意を取り、デート場所、およびデートプランの提案をしますよね。そんな面倒な駆け引きや作業が必要なしという、出会いにおける合理性を追求している部分が良いですね!

さらに、双方の予定に合わせてデート日時を決めさえすれば、面倒なレストランの予約は不要で、アプリ運営がで行ってくれます。(どこまで、合理性追求しているんだ、Dineさん!!)

万が一、デート日時に対象のデート場所/レストランが予約満席の場合は、近しい場所候補を第2、第3候補としてアプリ側が提案してくれます。リスクヘッジまでアプリ側で対応してくれるなんて、サポートが手厚過ぎます(脱帽)

イケてる男女が多い

Dine (ダイン)は、なぜこんなにもイケてる男女が多いのか。他のアプリよりも月額の料金も高く、デートでのお店の提案も割と出費がかかるため他のアプリみたく20代前半の学生で溢れているような事がないため、などと言われることも多いですが、個人的には女性にとても優しいアプリだからだと思います!

以下、女性に優しい理由です。

  • レストラン候補がある故に、デート場所の失敗リスクがない

レストランデートがメインのDine (ダイン) では、各エリア (東京、大阪、名古屋、福岡) のレストラン候補がリストアップされています。そのリストはただの飲食店リストではなく、初デートに相応しい厳選されたお店リストです。アプリ運営の方が1店舗1店舗訪れてチェックして厳選したと伺っています。(Dineの運営は相当なグルメ家でしょうね笑) 安くて美味しいコスパ良いお店から高級レストラン、そしてカフェまで様々なカテゴリに別れたリスト。それ故、美味しくないチェーン飲食店に連れて行かれたり、突然の宅飲みなどの失敗リスクはないでしょう!

  • 気に入った人とだけ、デートできる

これは女性だけでなく、男性にも言えることです。プロフィールを見て、気に入った人だけに “いいね” やマッチングすれば、自分の好きな異性のタイプを大枠外すリスクは軽減されます。デートのオファーが来ても、プロフィールがほぼ書いておらず、プロフ画像がタイプではない人であれば、スキップすれば良いわけですからね。デート相手は自分で選ぶことができるわけです!

  • コストがほぼ掛からない

Dine (ダイン) はマッチング後のメッセージのタイミングで、どちらかが、Dine Gold (ダインゴールド) 会員、つまり有料会員である必要があります。双方が無料会員だった場合は、どちらかが有料会員にならなければ、メッセージ画面に遷移することができません。この場合、高確率で男性側が課金もしくは、クーポンコードで有料会員になるでしょう!(折角、マッチングしたのにメッセできないとか辛いじゃないですか!僕なら課金します笑)

上記の理由から、女性はコストを掛けず、リスクを軽減した状態でデートができる、つまり女性に超絶優しいアプリ、それがDine (ダイン) なんです。ここまで徹底的に女性に優しいからこそ、イケてる女性達がDine (ダイン) に集まるのではないでしょうか。イケてる女性が集まる場所には、イケてる男性も集まりますよね?Dine (ダイン) ではイケてる男女が好循環しています!

■実際にDine (ダイン)を使ってみて感じたデメリット

料金が全体的に高い

実際にDine (ダイン)を使ってみて感じたのですが他のアプリと比べてお金がかかります。Dine (ダイン)で出会うためにはゴールド会員になる必要があり、1ヶ月プランの場合ですと、6,500円掛かります。他のマッチングアプリと比較すると、1ヶ月の基本料金は割高の設定となっております。そのため、無料で会いたい、コスパ良く会いたい人には向かないかもしれません。

個人的には、Dine (ダイン) の基本料金は一見高いですが、合コンや街コンなどでの出費と比べると安いですし、出会いにおける合理性を追求した機能および実際に出会える確率などを鑑みると、決して割高ではないのではないと思います!

また、U25割 (アンダー25歳割引) というキャンペーンがDineではあり、月額基本料金が超割安になります!25歳以下の方は、絶対に利用しましょう!

ドタキャンのリスクがある

アプリでの出会い & 初めて会うわけですから、一定数のドタキャンは生じます。

また、Tinder (ティンダー) やタップル誕生と違い、アプリを通してお店を予約しているため、キャンセル料が掛かる可能性があります。一概では無いですが、デートキャンセルの要因となった側がキャンセル料を払うルールになっているため、万が一デートキャンセルの要因が自分だった場合はキャンセル費用が掛かります。(キャンセル要因が自分にある場合は、やむを得ない気がしますが)

現在、Dineではドタキャンがかなり減っているようです!ドタキャン対策のために、Dine Protect (ダインプロテクト) という、レストラン予約時にユーザー双方からクレジットカード登録を行う機能があります。ドタキャンが発生し、ドタキャンの要因となったユーザーから、登録したクレジットカードからキャンセル料を引き落とす仕組みです。この機能により、ドタキャンの抑止に繋がり、現在では全体の数パーセントまでドタキャンを減らせているようです。

Dine (ダイン)は一部の地域でしか利用できない

Dine (ダイン) のアプリ自体は全国で利用可能ですが、Dine (ダイン) が提携している飲食店が、東京・大阪・福岡・名古屋のみのため、現在は4都市以外では利用できません。(というより、4都市以外で利用できても、デートできないということになります)他の地域にお住まいで出てこられない方には、使うことをオススメできません。

現在は4エリアですが、エリア拡大を直近で進めていくようですので、今後のエリア展開にも期待ですね!

■Dine (ダイン) の口コミを徹底解析!(App Store、Google Play)

Dine (ダイン) の良い口コミ

  • ポンポンと事が進んでいきすぐにデートに繋がりました、何不自由なくお会いすることが出来ます
  • 他のアプリはメッセージしている時点でめんどくさくなって約束までたどり着かない事がほとんどだったのがDineはその面倒くささがないので最高です
  • 一週間無料で出来るキャンペーンがとてもありがたいから是非みんなも試してみてほしいです
  • 今までのアプリで1番良質でした

Dine (ダイン) の悪い口コミ

  • 地域密着型すぎる
  • 東京、大阪、福岡、名古屋以外使えなくてがっかりです
  • 通知が来ないことと起動がやたらと遅いことです
  • 毎日何人かにいいねするシステムで毎日同じ子が出てきます
  • 食事代を浮かそうとしてやってくる女性もいるので割り勘を勧めます、高いお店予約して写真と全然違う人来たらおしまいです

■まとめ

Dine (ダイン) は他のアプリと比べて基本料金が比較的に高いものの、出会いにおける高い機能性と出会える率が非常に高いアプリである事が分かりました。

出会うための面倒な機能を省いたシンプル且つ合理的な仕様はもちろんのこと、デートにつきものであるドタキャンにおける対策という安全性にもこだわっており、「出会いの最短距離」をまさしく体現しているサービスとなっております。

その反面一部の地域でしか使えかったり、デート料金含めると料金が高く付いてしまうといったデメリットも見えてきました。しかし、ダラダラ長々とアプリを使ってじわじわとお金が減るより、やや割高かもしれませんが、短期集中で出会いにコミットする形で利用できるDineの方が中長期的にみて良いと思います!

出会いにスピード感を求める方は、Dineをダントツでオススメします!