ペアーズ(Pairs)でパパ活はできるのか!?【実態を解説】

公開日:

ペアーズ(Pairs)でパパ活ができるのかどうか、気になる人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、ペアーズでパパ活をするのは、限りなく不可能に近いです。

パパ活が難しいのは「運営がパパ活を禁止している」という前提条件はもちろん、パパ活目的の男性が少なくうっとうしがられているなど様々な理由が。

本記事では、ペアーズでパパ活ができない理由を紹介します。

ペアーズでパパ活はできない!

冒頭でも紹介したように、ペアーズでパパ活をするのは正直難しいです。

なぜなら、以下のように運営がパパ活を禁止しているため。

以下引用

本サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為

引用元:https://pairs.lv/static/termsofservice

アバウトにしか記載がありませんが、恋活・婚活以外の利用目的は禁止、つまりパパ活も違反の対象になっています。

そして通報などでアカウントを凍結されますとブラックリストに登録されてしまい、将来敵に恋活や婚活目的でペアーズに登録しようとしてもできなくなります。

先のことを考えて、控えておきましょう。

ただし、実は他にもペアーズでパパ活をすることをおすすめしない理由がいくつかあります。

ペアーズでパパ活がおすすめできない理由

ペアーズで出会うための注意点は?

ペアーズでパパ活がおすすめできない理由は、以下の3つです。

  • パパ活目的が少ない
  • 会員数が多い
  • 利用者層が若い

1つずつ解説しますね。

理由①:パパ活目的が少ない

そもそも、ペアーズにはパパ活目的の男性が少ないです。

運営が禁止していることもあって、パパ活目的の男性は「パパ活を公認しているサービス」に登録していることが多いです。

パパ活男性から見ても、恋活や婚活目的の女性にパパ活目的でアプローチしても、連戦連敗になることが目に見えてますからね。

パパ活を公認しているサービスは1万円前後と高額ですが、安心を買っていると考えている男性も多いです。

理由②:会員数が多い

2つ目が「会員数が多い」ことです。

さきほどパパ活目的が少ないとは言いましたが、「ゼロ」というわけではありません。

しかし、会員数1000万人以上と言われているペアーズの中でもほんの一握り。

パパ活目的の男性を探す方が至難の業です。

パパ活目的でペアーズに登録しても、効率が悪いことがわかりますね。

理由③:利用者層が若い

3つ目が「利用者層が若い」ことです。

ペアーズの利用者は20代~30代前半が多く、パパ活を楽しんでいる40~50代の人はほとんどいません。

いたとしても遊び目的か、真剣に恋活・婚活をしている男性です。

また、40~50代の男性がペアーズに登録して「いいね!」を押しても、無視されることが多いです(たとえ、恋活・婚活目的であっても)。

恋活・婚活目的の20代女性は、イケメンとかお金持ちとか関係なく「40代・50代というだけで無視」しますからね。

そしてSNSなどの口コミでも「ペアーズにいるパパ活うざい」といったものが多いので、「要注意人物」として匿名掲示板やSNSで晒される危険性も。

ペアーズでパパ活をするのは、本当にやめておいた方がいいです。

ペアーズよりパパ活しやすいアプリ3選

ペアーズでパパ活ができないとわかっても、諦める必要はありません。

最後にパパ活ができるアプリを紹介しますので、パパ活がしたい人はこちらに登録しましょう。

アプリ①:paters

1つ目は「paters」です。

Pairsと一見間違えそうですが、全然違うアプリですよ?

patersはパパ活を容認しているアプリということもあり、以前からパパ活界隈では有名でした。

今でも「パパ活しやすいアプリ」として、人気が高いアプリです。

patersの人気が高い理由は以下の通り。

  • 会員数が多く、男性は有料なので本気度が高い
  • セキュリティロック機能があり、既婚者男性も登録多数
  • 「今日会いたい!」機能で、すぐ会える人とマッチング

patersは会員数が多く、パパ活を楽しみやすいのでぜひ登録しておきましょう。

アプリ②:ラブアン

2つ目は「ラブアン」です。

ラブアンは「大人だけの特別な関係」をテーマにし、パパ活ももちろん容認しています。

ラブアンの特徴は以下の通り。

  • Web版のみ対応しているので、既婚者男性が登録しやすい
  • パパ活を楽しめる最低限の機能だけにしぼっており、機械音痴でも使える
  • 動画プロフィール機能で加工詐欺ができないことが男性から定評

ラブアンは男性からの評価が高いアプリ、つまり「パパの多いアプリ」といえます。

paters同様、ぜひ登録しておきたいところ。

アプリ③:PayCute

3つ目が「PayCute」です。

PayCuteは2019年7月に誕生した、比較的新しいアプリ。

しかし、登場からまもなく2年にして、会員が急増しています。

急増している理由は以下の3つ。

  • 運営が女性の写真を確認することで、男性が安心して活動できる
  • 「今日会いたい機能」ですぐに出会える
  • 男性向けに半額キャンペーン実施中

特に新規ユーザーが多いPayCuteでは、アクティブユーザーのパパが多いのが魅力的。

これまで紹介した2つと合わせて、ぜひ登録しましょう。

まとめ:ペアーズでパパ活は高リスク!

本記事では、ペアーズでパパ活ができるかどうかの実態と理由を紹介しました。

ペアーズの運営はパパ活を禁止しており、通報されたらアカウント凍結の対象になります。

1度凍結されてしまえば、恋活・婚活目的でも登録できなくなりますので注意しましょう。

また、仮にパパ活目的ペアーズに登録しても、パパ活目的の男性がそもそも少ないため相手を見つけるのも至難の業。

パパ活を楽しみたいなら、パパ活を公認しているアプリ「paters」「ラブアン」「PayCute」を利用しましょう。

本記事が、ペアーズでパパ活できるか気になる人にとって、参考になれば幸いです。