【2021年 決定版】マッチングアプリ カテゴリ別総合ランキング

2020年度だけでなく、2021年もオススメのマッチングアプリを、マッチングアプリラボ編集チームが、各カテゴリ別でランキングを作成しました!マッチングアプリ初心者から上級者までが幅広く、参考にして頂ける内容かと思いますので、是非ご一読ください!

そもそもマッチングアプリとは?

「そもそもマッチングアプリって何なの?」って方多いですよね?

マッチングアプリというのは恋人探しや結婚相手と出会うことを目的としたアプリのことです。このランキングでもご紹介している【Pairs】や【タップル誕生】などが代表的なアプリになります!

合コンや結婚相談所に行かなくてもスマホやパソコンで気軽に出会えることから
近年、利用者が急増しています!

年齢も幅広く下は10代から上は50代まで!
マッチングアプリは若い人だけのものではないんです!

ではマッチングアプリって実際どのような種類があるのかご説明しますね!

マッチングアプリにはどんな種類があるの?

マッチングアプリといっても一括りになっているわけではありません!

『恋活』、『婚活』、『デーティング』
大きく3つのジャンルに分けられています!

恋活はその名の通り恋人を探すことを目的としたアプリのことを指します。
代表的なアプリがランキング1位にもある【Pairs】です!
詳しい内容はこの記事の後述で記載しています!
また恋活についての詳しい内容は
恋活アプリランキングをチェックしてみてください!

婚活結婚を前提としたお付き合いを目的としたアプリになります。
代表的なアプリは【ゼクシィ縁結び】です!
詳しい内容は婚活アプリランキングをチェックしてみてください!

デーティングとは出会うことをまずは目標としており付き合うことを前提に、
お互いを知るためにデートすることを一番の目的としたアプリのことです。
代表的なアプリは【Tinder】【Dine】などです。
こちらも詳しい内容はデーティングアプリランキングを
チェックしてみてください!

最近のマッチングアプリの傾向とは

最近はマッチングアプリの合理的なシステムや、以前の出会い系アプリと比較して安全性が高まったという背景からメディアでも多く取り上げられ、世間の関心も高まっています。利用する人の目的は違えど、効率的に異性と出会えるからでしょうね。その一方で、日々生み出されるマッチングアプリの数が増えすぎて、自分がどのアプリを利用すべきかがわからないと悩む人も多いようです。アプリはそれぞれに特色を持ち、アプリによってマッチング方法やシステムが異なるのはもちろん、それに応じてユーザーの年齢層や目的も異なります。趣味の合う友達や交友関係を広げるために利用している人から真剣に結婚相手を探している人まで様々です。そのため、自分にあったマッチングアプリを利用することがマッチング率を上げる第一歩になるのです。

マッチングアプリを初めて利用するという方にとって心配なことといえば、「身バレしないか」と「サクラがいそう」、この2点が気になる人が多いと思います。身バレに関しては、初期設定でFacebookと連携することでFacebook上の友達には自分が表示されることがなくなるため、ほとんど身バレすることはありません。ただ、Facebook上で友達ではない知り合いの方にはバレる可能性があります。また、サクラに関しては、ほぼ100%の確率でいないと言えます。まずマッチングアプリを利用する上で“サクラ”というワードはよく耳にしますが、サクラとはアプリ運営サイドが用意した女性のことを指します。これはメッセージの送信に料金が発生する出会い系アプリで多用されていたようですが、現在普及しているマッチングアプリとは根本的なシステムが異なります。マッチングアプリは月ごとにを料金を支払う仕組みとなっており、サクラがいたとしても月額以上のお金をとることができないのでそもそも必要ないのです。さらにマッチングアプリは出会いの場を増やすだけでなく、合コンなどで出会うよりもコストが抑えられるなど良いことだらけなんです。

以上のことから、マッチングアプリは低リスクで恋人を探すことができる画期的なアプリと言えます。ここまで読んだだけでも「マッチングアプリいいかも」と思いませんか?そんな方に、ここからは恋活、婚活、デーティングの3分野でオススメのマッチングアプリを紹介すると共に、そのアプリの特徴とどんな人にオススメかを詳しく教えます。記事の最後には今回のランキングを踏まえて、全マッチングアプリの総合ランキングを載せているので、参考にしてくださいね。

2021 総合ランキング

Pairs 第1位 : Pairs
Pairsは恋活したい人にオススメのマッチングアプリですが、真剣な出会いを探している人が多く、マッチングアプリ初心者でも安心して使用できます。会員数は日本最大で、出会いの数が多いのが特徴です。恋人探しで利用するユーザーが多いので、気軽に始めやすいと思います。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は download-2.png です 第2位 : タップル誕生
タップル誕生も日本最大級のマッチングアプリで、恋人探しと友達探しを同時進行で行えるのが特徴です。さらに気軽にデートプランを組むことができる「おでかけ機能」を使うことで、効率的に趣味や気が合う人と出会うことができます。

With 第3位 : With
マッチングアプリの中でも特に恋活向きのマッチングアプリは容姿重視で相手探しをするものが多いですが、withは内面や性格を重視している人にオススメなマッチングアプリです。

恋活オススメランキング

ここでは恋人探しをしたい人向けのマッチングアプリをランキング形式で3つ紹介します。ここで紹介するアプリの共通する特徴は、年齢層は20代と比較的若めなユーザーが多く、真剣に出会いを求めている人が多いところです。

 恋活向きのマッチングアプリは、男性は有料、女性は無料で登録できるものが多いです。有料の男性会員でも婚活向きのマッチングアプリよりは低価格で利用することができるので、気軽に始めやすいと思います。

1.Pairs

Pairs(ペアーズ)は、累計会員数1,000万人を超える国内最大規模のマッチングアプリです。Pairsは登録者数だけで見ると国内最大なので、日本全国に登録者がいるということです。一般的にマッチングアプリは都会に利用者が集まりやすい傾向にありますが、Pairsは日本全国に登録者がいるので、登録者数でそのデメリットを上手くカバーしています。地方に住んでいる方はマッチングしづらいと聞くことも多いので、その点Pairs安心して使えるアプリです。

 さらに、Pairsは恋活向きのアプリとして紹介していますが、実際は恋活を目的に利用する人から婚活を目的に利用する人まであらゆる目的を持った人が利用しています。また、ユーザーの年齢に注目すると、メイン層が20代と若い年齢のユーザーが多いですが、他のアプリと比較すると40代50代のユーザーもいるため、割と幅広い年齢の方が利用しているアプリと言えます。学生の利用者もかなり多いです。マッチングアプリ選びに迷っているならまずPairsで試してみるのがオススメです。

 また、男女比率は男性が7割、女性が3割と男性が女性の倍以上となっています。そのため、男性にとってはライバルが多いという難点があります。反対に女性側は全く興味のない相手からいいねがたくさん来て面倒になってしまう、と会員数の多さが裏目に出てしまうケースもあるようです。ですが、Pairs(ペアーズ)では約11万種類以上のコミュニティが存在しており、多い会員数の中でも共通の趣味を持った異性と出会いやすくなるシステムが完備されています。

<Pairsの特徴>

①圧倒的なユーザー数に伴い、出会いの数が多くなる

 登録しているユーザーの数が多いので、それに伴って出会いの数が多く、マッチングしやすいです。しかし裏返すとライバルが多いと捉えることもでき、人気なユーザーと恋人になるには工夫が必要です。Pairsは男性に比べて女性の数が圧倒的に少ないため、特に人気な女性とマッチングするのは難しいかもしれません。

②年齢層が幅広い

 マッチングアプリはそのアプリ特有のシステムやマッチング方法によって、年齢層に偏りが出ることが多いですが、Pairsは幅広い年齢の方が利用しているのが大きな特徴です。若い人だけだけでなく、40代50代のユーザーの一定数おり、相手に年齢のこだわりがない方や年齢を気にせず幅広い人と出会いたい人に向いています。反対に年齢にこだわりがある場合でも、年齢を絞り込んで検索することもできます。

<こんな人にオススメ>

①マッチングアプリ初心者

→日本で最もポピュラーなマッチングアプリで、利用者数が多く、その分出会いも豊富。複雑な機能やイベントがない分、マッチングアプリ初心者でも扱いやすい。

②共通した趣味を持った恋人を探している人

→Pairsでは11万種類以上のコミュニティが存在し、共通の趣味を持った異性やどんな相手を探しているのかがプロフィールでわかる。

③地方に住んでいる人

→Pairsは日本全国にユーザーがいるので、地方に住んでいる人でもマッチングした相手と会いやすい。

2.with

 with(ウィズ)は、心理学と統計学を用いてアプリが相手との相性を表示してくれます。あのメンタリストのDaiGoさんが監修しているアプリとしても有名です。心理学や統計学を応用しているので、性格重視な人にオススメなマッチングアプリです。

 また、マッチングアプリでは珍しく男女比が1:1と女性が多いのが特徴のアプリです。一般的なマッチングアプリは男性のユーザーが多いことがほとんどなので、男性側はライバルが多くなってしまいがちですが、withでは女性の数が多く、男性側はライバルができにくくなっています。さらにユーザー数は約150万人と成長中のアプリなので、他のマッチングアプリを使っていてあまりマッチングしなかったという男性にはすごくオススメです。

 女性側のwithを使うメリットは、期間限定のイベントの多さです。期間限定イベントとは、占いや心理テストのことで、性格診断やファッション診断など恋愛関連の様々なイベントが開催されています。マッチングアプリを利用しながら、ゲーム感覚で心理テストをすることもできるので、これが女性人気の秘訣だと思います。さらにこのイベント中にいいねを送る相手にはメッセージ付きいいねを送ることができ、いいねが気づかれやすいのもwithの魅力です。

<withの特徴>

①ユーザーに飽きさせないイベント

 withでは様々な心理テストが行われています。心理テストの回答をすることで相手に興味を持ってもらいやすいという利点もありますが、単純に自分の性格や思考回路を知ることもできます。回答後には自分のタイプにあった相手をアプリが提案してくれるので、その中からいいねをすればマッチングしやすくなります。マッチングを上げつつ、女性が楽しめるような画期的なシステムです。

②プロフィール欄やメッセージをアドバイスしてくれる

 withでは、よりマッチングしやすくなる自己紹介文やプロフィール写真にするためには、どう改善すればいいのか運営側がアドバイスをくれます。マッチングアプリ初心者で、さらに恋愛経験も少なくて、どんなプロフィールが異性から好まれるのか全くわからない人でも簡単に大衆受けが狙えるプロフィールを作ることができます。

③男女比が1:1

 マッチングアプリで男女比が1:1というのはかなり珍しいと思います。特に恋活向きのマッチングアプリは男性のユーザーが多くなりがちです。それを防ぐために女性のみ無料で利用できるアプリが多いですが、それでも女性ユーザーの比率が低いことがほとんどです。そのため女性ユーザーにいいねが偏りづらく、男性ユーザーでもいいねをもらいやすいという特徴があります。

<こんな人にオススメ>

①外見よりも内面、性格を重視したい人

→心理学と統計学を利用した、内面でのマッチ度を教えてくれる。

②他のマッチングアプリであまりマッチしなかった人

→withは内面を重視するユーザーが多く、顔重視の人が多いマッチングアプリでマッチしづらい人でもマッチする確率が高い。さらに男女比が1:1と男性側からするとライバルが少ない。

③アプリをあまり長く続けられる自信がない人

→占いや心理テストなど、アプリ内で期間限定のイベントが開催され、飽きさせない工夫がされている。特に女性はゲーム感覚で続けられる。

3.Omiai

 Omiai(おみあい)は、20代後半から30代前半がメイン層のマッチングアプリで、ユーザー数も多いです。マッチングアプリを利用する女性はヤリモクNGな人がほとんどだと思いますが、Omiaiでは危険な人には「イエローカード」が表示される機能があり、ヤリモク防止策が組まれています。その機能のおかげで女性からの人気が高いアプリとなっており、結果的に男女比のバランスも良いです。先程紹介したwithと同様に、他のマッチングアプリでマッチしなかった人にオススメです。

 Omiaiは30歳近辺の年齢の人が多いので、結婚を意識した交際相手を探している人が多いです。そのため気軽に異性に会いたいというフットワークが軽い人というよりは、真剣に恋人を探しているユーザーばかりなので、相手選びに慎重になりやすくなる傾向にあります。つまり、マッチング数や実際に会う人数は少ないですが、真剣に選んでいるので一度マッチングすると交際に発展しやすいアプリとも言えます。恋活メインだけど良い人がいたら結婚したいという方にはうってつけのマッチングアプリです。

<Omiaiの特徴>

①独自の「イエローカード」システムの導入

 Omiaiでは数あるマッチングアプリの中でも本人確認をかなり厳しく行っています。この本人確認でプロフィールとの不一致が確認されると「イエローカード」は表示されます。「イエローカード」はヤリモクやプロフィールの詐称などの悪質利用者に「イエローカード」を表示され、その他の利用者が悪質利用者とトラブルにならない仕組みです。

②結婚を視野にいれた真剣なパートナー探しが目的

 先程紹介したばかりの「イエローカード」の制度のおかげで、遊び目的の人は全くと言っていいほどいません。そのため自然に真剣に出会いを求めている人のみが集まり、結果的には結婚を視野に入れた恋人探しをしている人が多いのが特徴です。

③いいねが分散される

 通常のマッチングアプリは検索すると、いいね数が多い順に異性が表示されますが、Omiaiではいいね数が偏らない工夫がされており、突出したいいね数を持つユーザーができるだけ生まれない仕組みになっています。

<こんな人にオススメ>

①恋人探しの延長で、結婚も視野に入れている人

→Omiaiは30歳前後のユーザーが多く、恋活兼婚活をしている人が多いです。反対に気軽に付き合いたい人やデートだけしたい人には不向き。

②他のマッチングアプリであまりマッチしなかった人 →ヤリモク対策が徹底されており、女性人気の高いアプリであるため、男女比のバランスが良い。

婚活おすすめランキング

ここでは結婚相手探しが目的でマッチングアプリを使いたいと考えている人にオススメなマッチングアプリを紹介します。婚活向きのマッチングアプリは恋活向きのマッチングアプリとは異なり、女性ユーザーも有料のアプリが多く、料金も恋活向きのものより高価である場合が多いです。ですがその分真剣に出会いを求めている人が集まっているので、効率的に出会いを探すことができます。

1.ゼクシィ縁結び

 “ゼクシィ”と聞くと、ブライダル雑誌を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ゼクシィ縁結びは、その“ゼクシィ”が運営しているマッチングアプリで、世間からの認知度が高いことから安心できるというイメージが強いアプリです。イメージ通り真面目に結婚相手を探している人ばかりなので、婚活にはピッタリと言えます。

 ゼクシィ縁結び内の『婚活成功プラン』で、6ヶ月もしくは12ヶ月で契約し、その期間内で相手が見つからなかった場合は延長期間の料金が無料になるというサポート付きです。婚活向けのマッチングアプリは恋活向けのマッチングアプリと比べて料金が高めに設定されていることがほとんどなので、延長期間が無料になるのは有難いですよね。ですが、ほとんどのユーザーは約6ヶ月で結婚相手が見つかるため、できるだけ早く結婚したいという方にオススメなアプリです。

 また、運営サイドのコンシェルジュがデートのセッティングを代行してくれるサービスがあり、自分の代わりにコンシェルジュがデートの日程を決めてくれるので、恋愛経験が少ない方でも安心して利用できます。

<ゼクシィ縁結びの特徴>

①デートプランのセッティングをしてくれる

 一般的なマッチングアプリはマッチングにメッセージのやり取りが可能になり、メッセージ中にユーザー自身でデートに誘います。中にはデートに特化したアプリもありますが、そういったアプリが婚活向きではないものがほとんどです。しかしゼクシィ縁結びは、マッチングした相手とのデートを運営側のコンシェルジュがセッティングしてくれるサービスがある珍しいアプリなんです。

②「婚活成功プラン」

 「婚活成功プラン」もゼクシィ縁結び独自のプランで、6ヶ月か12ヶ月の料金プランで契約し、期間内に相手が見つかず延長を希望する場合、延長期間にアプリを無料で利用できるサービスです。

<こんな人にオススメ>

①婚活向けのマッチングアプリ初心者の人

→マッチングアプリ初心者でも“ゼクシィ”は聞いたことがあるほど有名な会社が運営しているので、安心してアプリを利用することができますし、ユーザー自体も婚活に対して真剣な人が多い。

②とりあえず早く結婚したい人

→ゼクシィ縁結びを利用した人の8割が半年以内に相手を見つけている。

③恋愛経験が少ない人

→コンシェルジュによるデート日程の代行セッティングサービスがあるため、恋愛経験やデートの経験が少ない人でも相手を会いやすい。

④婚活にかかるコストをできるだけ抑えたい人

→ゼクシィ縁結びは相手が見つかるまでの平均期間が短いこともありますが、元の料金が安めに設定されています。さらに長期的に利用することになったとしても、「婚活成功プラン」で無料となるので、とにかく低コストで利用した人向きです。

2.Pairsエンゲージ

 Pairsエンゲージは、恋活アプリで紹介したPairsの姉妹アプリです。Pairsエンゲージはアプリ上での婚活と同時にオンラインの結婚相談所でサポートを受けることもできます。登録する際に初回入会費9,800円と1ヶ月あたりのアプリ使用料9,800円が必要となり、婚活向けマッチングアプリの中でも高めの価格設定です。値段だけ聞くと少し抵抗感があるかもしれませんが、その分サービスが充実しています。例えば、オンライン結婚相談所の専属コンシェルジュが24時間体制で婚活に対する相談を受け付けています。オンラインなので、わざわざ足を運ぶ手間が省けますし、対面よりも気軽に相談しやすいという利点もあります。また、6ヶ月契約を選択すれば初期費用が無料になるので

<Pairsエンゲージの特徴>

①オンライン結婚相談所

 Pairsでは24時間体制でユーザーからの婚活に関する相談を受け付けています。通常の結婚相談所よりも安価に利用でき、アプリを同時進行で相談できるのが大きな魅力です。婚活に対する不安を相談してもいいですし、デート時の服装やお店選びなど小さな相談も気軽にいつでも聞けくことができます。

②出会いからマッチング成立までのスピード感がある

 Pairsは毎日1人ずつアプリ運営サイドが相手を紹介し、互いにいいねを送り合うと出会う日程が調整されます。実際に会ってみてお互いに好印象だった場合、アプリ内でカップリングされた状態になります。このカップリング期間は最大90日で、その期間内でこの先も交際するか、カップリングした状態を破棄するか選択します。多くのマッチングアプリは、実際に会うまでにメッセージのやりとりが必要になりますが、Pairsエンゲージはメッセージのやり取りをせずにデート日程を決まるので、スピード感のある婚活が特徴です。

<こんな人にオススメ>

①結婚相談所に行くのは気が引ける人

→Pairsエンゲージは、マッチングアプリを利用しながら結婚相談所と同等のサービスを受けることができ、結婚相談所に足を運ぶのがコストや気持ち的に気が引ける人にオススメ

②できるだけ早く結婚したい人

→手厚いサポートが受けられるPairsエンゲージでは、結婚するまでにかかる期間が短い。

3.マッチドットコム

 マッチドットコムは、世界25ヵ国で展開されているグローバルなマッチングアプリです。日本国内でのユーザーも徐々に増えつつあります。年齢層は30代40代が中心で、年齢が高めな人が多い分真剣度もかなり高めです。世界展開しているマッチングアプリであるためか、絞り込み検索で人種や宗教の項目があるのが特徴です。さらに世界中のユーザーは1500人を超え、外国人とも出会いやすいアプリでもあります。

<マッチドットコムの特徴>

①海外発のアプリであるため、外国人ユーザーが多い

 マッチドットコムはアメリカで誕生したマッチングアプリであるため、海外での認知度や人気が高いのが特徴です。日本ではそこまで普及していませんが、日本に移住した外国人や留学生が多く利用しており、日本にいながら海外の方に出会えるという、他のマッチングアプリとは異なる魅力を持っています。

②デイリーマッチ機能

 AIが1日12人ずつ相性の良い相手を表示してくれる機能です。自分で調べるのではなく、AIが自動的に選んだ相手なので、条件的にマッチしやすくなります。

<こんな人にオススメ>

①相手に細かい条件を求める人

→結婚はしたいけど、譲れない条件が多いという人は、細かく絞り込んで検索できるマッチドットコム向き。

②婚活はしてみたいけど、そこまで焦っていない人

→マッチドットコムはゼクシィ縁結びやPairsエンゲージと比較するとスピード感重視のアプリではない。

③国際結婚に憧れている人

→マッチドットコムは世界25ヵ国で展開せれており、外国人ユーザーが多い。日本で提供されているのは日本版になっているが、海外での認知度の高さから日本に住む外国ユーザーが利用している。

デーティングおすすめランキング

1.Dine

 Dineは「100回のメールよりも、1回のデートを。」をテーマにデーティングに特化したマッチングアプリです。従来のマッチングアプリでは、マッチング後にメッセージでデートの約束を当事者自身で行う必要があり、メッセージが続かなかったり、実際にデートするまでに時間がかかってしまったりすることがデメリットでしたが、Dineではその悩みが解決されました。アプリの運営者側が毎日ユーザーにオススメのお店と相手を紹介してくれて、気になった人がいた場合はリクエストを送り、相手が承認したらマッチング成立です。この状態でデートのお店はすでに決まっているので、あとは日程調整をするだけですぐにデートすることができます。こんな感じで、Dineはちょっとした隙間時間でデートの予約をすることができる、今までになかった画期的なマッチングアプリなんです!

<Dineの特徴>

➀マッチングしたらすぐに会える

 Dineではマッチングしたと同時にお店が自動予約されます。お店を選ぶ手間もなくなりますし、メッセージのやり取りも最小限で済むので、マッチングしたらすぐに会うことができます。さらに自動予約機能によって、マッチングアプリでよく聞くドタキャンが少ないのも特徴です。

➁とにかく合理的

 マッチングしたら、デート相手とデート場所が決まっている状態、さらにそのあとは面倒なメッセージなく、デート当日を迎えることができます。デートまでのやり取りがスムーズなんですね。Dineは開発チームが、デートする上での面倒な部分を全て取っ払えるよう仕組みやシステムを開発し、サービスを運営しています。そのため、ユーザーにとって、面倒なメッセージのやり取りやお店の予約などの手間を省かれた合理的なマッチングアプリとなっています。

<こんな人にオススメ>

➀パートナーよりもデート相手を探している人

→Dineはデーティング特化型のマッチングアプリなので、恋活や婚活というよりかはすぐに会えるデート相手を探している人にオススメ。

➁メッセージ機能が苦手もしくは面倒な人

→メッセージ特有の駆け引きが必要ありません。仕事が忙しくてマメにメッセージを返す時間がない人やメッセージがそもそも苦手な人には最適。

③優柔不断な人

→マッチング時にすでにお店が決まっているので、お店選びが苦手な人にはピッタリ。

2. タップル誕生

タップル誕生

 タップル誕生は国内最大級のマッチングアプリで、日本のマッチングアプリ市場ではかなりのシェアを誇っています。恋活向きのマッチングアプリのPairsと人気を二分しているアプリです。タップル誕生もPairs同様の恋活向きのマッチングアプリではありますが、デート向きのマッチングアプリでもあります。デートだけ楽しみたいという方やとりあえず会って恋人探ししたいという方にオススメです。10代20代がメイン層で、学生ユーザーが多いので、真剣に婚活している人はあまりいません。恋人探しをしている人や友達探しをしている人が多いです。Pairsと似ていますが、Pairsよりも気軽に始めやすいと思います。

 先程デート向きと紹介した通り、他のマッチングアプリと比較するとデートがセッティングしやすい機能が付いています。その機能は「おでかけ機能」といい、これを使えばデート相手をすぐに見つけることができます。初対面の人とさらにはメッセージもまともに交わしたことがない人といきなり会うことに抵抗があるかもしれませんが、そこはあまり心配いりません。タップル誕生は男性のみ有料のマッチングアプリなので、ヤリモクの人がかなり少ないのです。暇な時間ができたから誰かとご飯に行きたい場合やオンタイムで予定を組みたいときに使うと便利です。

<タップル誕生の特徴>

①「おでかけ機能」で即デートできる

 「おでかけ機能」はタップル誕生の最大の特徴であり魅力でもあります。マッチングアプリはデートに特化したものも存在しますが、その日中にデート相手を見つけてすぐデートするのは難しいです。しかしタップル誕生の「おでかけ機能」を使えば、デートしたいと思った瞬間にデートを組むことができ、効率的に異性に会うことができます。

②20代中心の日本最大級のユーザー数

 タップル誕生はPairsと日本全国にユーザーがおり、地方でもマッチングしやすいです。Pairsと異なる点は年齢層が20代に集中しているところです。特に学生の会員数の多さは目立ちます。

<こんな人にオススメ>

①恋人探しと並行して友達探しもしたい人

→タップル誕生は日本国内のマッチングアプリでは最大規模でユーザー数が多く、特に学生のような若いユーザーが目立つので、恋活している人と友達探しをしている人の両方と出会うことができる。

②オンタイムですぐ誰かをデートしたい人

→「おでかけ機能」を使えば、すぐにデート相手を見つけることできる。フットワークが軽い人や事前に予定を立てるのが苦手な人にはかなり向いているアプリ。

③学生同士の出会いを求めている人

→20代ユーザーの特に学生ユーザーが多いのが特徴のタップル誕生では、学生同士の出会いを探している人向き。

2.Tinder

 Tinder(ティンダー)は、婚活向けマッチングアプリで紹介したマッチドットコムと同じ会社が運営している海外発のアプリで、完全に容姿の好みで選ぶ仕組みです。そのため、容姿に自信がある人はマッチしやすいですが、自信のない人は驚くほどマッチしないと言われています。

 Tinderはマッチングアプリでは珍しく、男性が無料で利用できるのが特徴です。男性が無料で利用できるマッチングアプリはほとんど存在しないので、利用者が多く、美男美女が多い印象があります。相手を顔重視で選ぶ人にはうってつけのアプリです。

 ただ、副業紹介やヤリモクなど、全く恋愛とは異なる目的で使用している人も少なくありません。連絡先を交換する場合や実際に会う場合は、その相手が危険な人でないか伸長に見極める必要があります。

<Tinderの特徴>

①世界中のユーザーを表示させることができる

 一般的なマッチングアプリは日本在住のユーザーしか表示されないが、Tinderは海外に住むユーザーまで表示させることができます。異性だけでなく、同性のユーザーも表示できるため、LGBTの利用者も多いのが特徴です。

②美男美女が多い

 すべての利用者が無料で登録することができ、誰でも気軽に始められるマッチングアプリとなっています。そのため、お金のかかるマッチングアプリには登録しないけど、Tinderは無料だから登録しているという人も多くいるようです。

<こんな人にオススメ>

①マッチングアプリは使ってみたいけどコストはかけたくない人

→Tinderはマッチングアプリでは珍しく、男性も無料で利用できるので、金銭面で手軽に始められる。

②顔重視で相手を選びたい人

→Tinderは美男美女が多いと評判のアプリで、相手を選ぶときに顔を重視する人にオススメ。

③外国人に出会いたい人

→海外から日本に上陸したアプリなので、外国人利用者が多い。外国人の恋人や友達がほしい人にうってつけ。

④LGBTの人

→海外から日本に進出したマッチングアプリなので、LGBTに理解のある人が多い。日本でのLGBTの理解度はまだまだ低く、日本初のマッチングアプリは異性しか表示されないのに対して、Tinderは設定しだいで男女どちらも表示させることができる。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、マッチングアプリを恋活向き、婚活向き、デーティング向きの3分野に分けてランキング形式で紹介しました。マッチングアプリによって利用しているユーザーの年齢層や目的は様々なので、ぜひ自分の求める条件に合ったマッチングアプリを利用して、素敵な出会いをしてくださいね。