マッチドットコムは怖い?【結論:注意点を理解すればやる価値あり】

マッチドットコムを使ってみたいけど、たまに悪い口コミも見かけるし、本当に恋人を見つけられるか気になりますよね。

結論から先にお話しすると、注意すべき人物の特徴を理解しうまく回避することができれば、やる価値は十分にあります。

そこで今回は、マッチドットコムの信頼性についてお話しした後、要注意人物の特徴と対処法について解説し、最後に実際どんな人がマッチドットコムに向いているのかお伝えしていきます。

この記事を読めば、マッチドットコムに対する怖さを払拭でき、自分がこのアプリで恋人ができそうか判断できる良い材料となりますので、是非参考にしてみてください。

マッチドットコムが信頼できる3つのポイント

まずは、マッチドットコムがどれほど信頼のおけるアプリなのかを3つのポイントから解説していきます。

①会員数が物語る、圧倒的な実績

②性別関係ない、有料会員制度

③24時間パトロールの安全管理体制

ポイント①会員数が物語る、圧倒的な実績

マッチドットコムは、24ヵ国で利用されているアメリカ発のマッチングアプリ。

日本国内だけでも180万人もの会員数がおり、運営実績としても20年以上続いているアプリですので、新しくできたアプリと比較すると安心感が違いますし、恋人ができる確率は非常に高いです。

結婚を視野に入れた出会いを求めている方が約7割(2019年マッチ・ドットコム ジャパン株式会社調べ)もいるので、将来を見据えてお付き合いをするチャンスが多くあると言えるでしょう。

ポイント②性別関係ない、有料会員制度

マッチドットコムは会員登録は無料ですが、メッセージのやりとりをする場合、男女ともに月額料金が発生します。

スタンダードプランプレミアムプラン
1ヶ月4,490円
3ヶ月3,990円/月4,240円/月
6ヶ月2,790円/月2,990円/月
12ヶ月1,690円/月1,940円/月

上記のような値段設定になっていますが、こちらの料金は男女同額です。

女性の場合、完全無料であったり、女性の方が男性よりも料金が安いアプリが多くある中で、同額の料金設定だと女性の真剣度が伝わりますよね。

女性としては、有料会員になってでも恋人を探したいという気持ちが男性に伝わりますし、男性としても、女性が真剣であれば自分もその分本気で返さないといけない、という気持ちになります。

ポイント③24時間パトロールの安全管理体制

マッチドットコムは、登録時に本人確認などしているので、危険な目に遭うことはほとんどありません。

それに加えて、24時間365日の監視体制を整えているので、不適切な行為があったり悪質なユーザーがいたとしてもすぐに対応してくれます。

問い合わせに関しても、日本人が応対してくれてスムーズに解決できるため、そういった点でも安心に繋がりますよね。

注意すべき人物の特徴と対処法

マッチドットコムに対する怖さを無くしてもらった所で、次に恋人探しをしている時に遭遇する可能性のある要注意人物の特徴と対処法についてそれぞれ解説していきます。

①なりすまし悪徳業者

②既婚者

③ヤリモク

要注意人物①なりすまし悪徳業者

まずは、本人確認など厳正な審査をしていても少なからず発生する、一般ユーザーになりすました悪徳業者。

その目的は、個人情報を入手したり、外部リンクへ誘導してお金を請求するなど、関わってしまうと怖い思いをする可能性が高いものです。

悪徳業者の特徴は3つ。

1.モデルのような端正な顔立ちをしたプロフィール画像

2.自分が稼いでいるとアピールするようなプロフィール内容

3.すぐにLINEや他のサイトで連絡をとりたがる

どれか一つでも当てはまる人がいたら怪しんだ方がいいです。

特に3つ目に該当する人の場合は、すぐに連絡をとるのをやめてください。

一般ユーザーが、まだ全然知りもしない相手にLINEを教えるわけないですよね。

このような怪しすぎるユーザーがいたら、他のユーザーを助けるためにもすぐに通報しましょう。

マッチドットコムでは、24時間365日監視してくれているのですぐに対応してもらえますよ。

要注意人物②既婚者

将来の相手を探しているのに、連絡している相手が既婚者だったら最悪ですよね。

しかも、既婚者と知らずに付き合ってしまい、不倫相手になってしまったら人生が終わってしまう問題になりかねません。

私自身その経験があり、社会的地位がなくなるところでした。

そういった怖い思いをしないためにも、次の3つの特徴がある人には気をつけてください。

1.仲良くなっても住所や会社名を教えてくれない

2.結婚の話をしたがらない

3.休日の返信が遅い

将来を考えている人にも関わらず、自分のことを教えたがらないのはおかしな話ですよね。

このような問題に遭遇した場合は、直接理由を聞いてみてください。

そうしないと、いつまで経ってもあやふやにされてしまい、時間の無駄になる可能性があります。

トラブルに巻き込まれないためにも、また貴重な時間を無駄にしないためにも、この点ははっきりさせるようにしましょう。

あまりおすすめはできませんが、3つ目の特徴を持つ人であれば、休日にいきなり電話をかけるというのも一つの手段として有効的ですよ。

要注意人物③ヤリモク

ヤリモクのユーザーはとても不快ですよね。ですが、この類の人は言葉巧みに誘ってくるので、次の3つに注意して騙されないようにしましょう。

1.自己紹介文が適当

2.夜にしか会おうとしない

3.すぐに会いたがる

まず1つ目の対策として、自己紹介文が適当な人とは最初から連絡をとらないようにしてください。

プロフィールは自分を知ってもらえる重要なポイントですので、真剣な人ほど自己紹介文は細かく書きます。

話している中で聞けばいいと思っていても、教えてくれないパターンがほとんどです。

2~3つ目に対しては、「最初は昼にしか会わない」、「もう少しあなたの事を知ってから決めたい」など正直に伝えるようにしましょう。

またその際に、嫌な経験をしたことがあると嘘でも言うことで、本気であなたを考えてくれている人であれば受け入れてくれるはずです。

ヤリモクの場合は、そのタイミングで音信不通になるので怖い思いをせずに済みますよ。

以上の要注意人物の特徴を理解して、対応できるようにしましょう。

数字から見るマッチドットコムに向いている人

最後に、マッチドットコムに登録すれば自分が求める恋人に出会えるのか、数字に基づいてこのアプリに向いている人の特徴を3つ解説していきます。

①30代以上の人

②結婚を前提として恋人を探している人

③外国人とお付き合いしたい人

おすすめする人①30代以上の人

マッチドットコム会員の年齢層は、男女ともに30代~40代が最大のボリュームゾーン。

他のアプリよりも若干ユーザーの年齢層が高めなので、30代以上の人はこのアプリを使った方が恋人を見つけやすいと言えますね。

一方で20代の恋人を見つけたいと考えているユーザーからすると、20代の会員数が多くないため、他のアプリよりも恋人を見つけづらい可能性があります。

おすすめする人②結婚を前提として恋人を探している人

この記事の最初に話した通り、マッチドットコムユーザーの7割は結婚を視野に入れた出会いを求めている方。

なので、結婚相手を見つけたいと考えている人にとっては、とても魅力的なアプリと言っても過言ではありません。

反対に、まだ結婚は先の話と考えている人からすると、将来に対する考え方の違いを持つ人が多いので恋人を探すのに苦労します。

おすすめする人③外国人とお付き合いしたい人

マッチドットコムは、24ヵ国で利用されているアプリということもあり、日本版のマッチドットコムに登録する外国人が多いです。

コーカサス系(白人系)、アフリカ系、ラテン系、アメリカ系、中東系など選択肢に様々な人種がある時点で、多国籍にこのアプリが利用されていることがわかってもらえるのではないでしょうか。

外国人と出会える機会というのは普段の生活だとあまりないですので、このアプリを使って恋人を探すのは非常に有効的な手段ですよ。

マッチドットコムで恋人探しはやる価値あり!

アプリで恋人を見つけるというのは、日常的なものになりつつあります。

そのマッチングアプリの一つである「マッチドットコム」に対する怖さを、今回の記事を読んで少しは払拭していただけたのではないでしょうか。

今回の記事を参考にしていただき、是非素敵な将来のパートナーを見つけてください。