withとタップルはどっちがおすすめ?【結論、彼女探しならwith、遊び目的ならタップル】

「withとタップルのどちらかを使おうと考えているけどどっちがいいのか分からない」
「2つのマッチングアプリの差が知りたい」
「それぞれどんな特徴があって、どんな人におすすめなのか教えてほしい」

と考えている方はいないでしょうか。

確かに最近は本当に多くのマッチングアプリがあって、どれを選べばいいのか分からなくなりますよね。

せっかく有料会員になって使うのなら、「自分の目的にあったものを選びたい」と考えるのは当然でしょう。

そこで本記事では有名なマッチングアプリであるwithとタップルを徹底比較し、それぞれの特徴について紹介していきます。

また、それぞれにおすすめの人がどんな人なのかも、解説していきますね。

withとタップルで迷っている方はぜひご覧ください。

withとタップルの基本情報比較

ではます始めに、withとタップルの基本情報を比較していきましょう。

比較するのは以下の4点について。

  • 年齢層
  • 会員数
  • マッチ方式
  • 料金

どれもマッチングアプリ選びには重要なものですね。

比較①年齢層

1つ目の比較ポイントは、年齢層です。

当然、自分が出会いたい年齢層の人が多いアプリの方がいいですから、主なユーザー層を知っておくのは重要でしょう。

それぞれのアプリで年齢層を男女別に調査した結果、女性の年齢層に違いはありませんでした。

どちらも20代が圧倒的に多く、全体の80%以上を占めています。

一方男性の年齢層を比較すると、少しの違いがありました。

withは男性も8割以上が20代なのですが、タップルの20代男性の割合は6割程度。

その代わりに30代の方が25%程と、やや多くなっています。

つまりwithは20代が圧倒的に多く、タップルも基本は20代だけど男性のみ30代も多いということですね。

比較②会員数

次が会員数の比較ですね。

母数が大きければ、それだけ理想の相手が見つかる確率が上がります。

そう考えると、この点ではタップルが圧勝でした。

タップルの会員数は600万人を超えていますが、withは320万人程度です。2倍くらいの差となっています。

実際、320万人も会員がいるというのはかなり多いのですが、さらに多いタップルと比較すると少しかすんでしまいますね。

「よりたくさんの選択肢の中から相手を探したい」という人には、今のところタップルの方がおすすめでしょう。

しかし、他にも差はたくさんあるのでこれだけで判断するのはまだ早計かもしれませんよ。

以下の比較もぜひ見てから決めてくださいね。

比較③マッチ方式

では次がマッチ方式です。

マッチ方式というのは、どんな方法でマッチングに至るのかという違いについてですね。

wirhの場合は検索をして相手を探す方法が主なので、マッチ方式は検索式です。

タップルは表示されるカードをスワイプしてマッチングするので、スワイプ式でしょう。

これはどちらが良いということでもなく、それぞれに特徴があるだけです。

検索式は自分と相性のいい人を探しやすく、メッセージを始めたらすぐに仲良くなれるような相手が見つかりやすいでしょう。

反対にスワイプ式はランダム表示なので、自分では予想していなかった相手と繋がれたりもします。

これらはそれぞれのメリットですね。そして当然、デメリットもあります。

検索式のデメリットは、そもそものマッチング数が少なくなりやすい点でしょう。

中々検索されない珍しい趣味を持っていたりすると、さらに出会える確率が下がってしまいます。

また、スワイプ式では顔の善し悪しがマッチング率に大きな影響を与えてしまいます。

イケメンや美女は簡単に出会えるけど、そうでもない人々は出会うのがやや難しくなりますね。

単純に「こっちがおすすめです」ということは難しいです。

比較④料金

最後が料金です。

アプリでの課金額は、withは月額3,600 円(税込)でタップルは月額4,000円(税込)です。

契約プランによって差はありますが、基本的にはwithの方が安いですね。

料金だけを比較するなら、おすすめはwithと言えるでしょう。

とはいえ、料金だけでマッチングアプリを選ぶのはおすすめしません。

出会いやすい方を選んだ方が結果的には得をするからです。

タップルを使って1か月で出会えれば支出は4,000円ですが、withを2か月使って出会うと7,200円かかります。

単純な料金の差ではなく、コスパが良い方を選びましょう。

withとタップルそれぞれにおすすめな人とは

ではwithとタップルはそれぞれ、どんな人におすすめなのか見ていきましょう。

マッチングアプリの利用目的は色々あるので、その中から代表的なものについて検討してみます。

  • 長く付き合える恋人を探したい
  • 短期間で出会いたい
  • とりあえずマッチングアプリを始めてみたい

利用目的①長く付き合える恋人を探したい

1つ目が、純粋に恋人探しを目的としたものですね。

この場合おすすめなのは、間違いなくwithです。

withは性格診断というシステムがあり、お互いに性格が合う相手を探せるからですね。

withの性格診断は当てずっぽうのものではななく、きちんとした心理テストをして出した結果なので信頼できますよ。

性格診断の結果が同じだった人を検索してアプローチするだけでも、運命の相手と出会える可能性は間違いなく高くなるでしょう。

恋人探しには打ってつけのシステムですね。

また、マッチ形式が検索式であるため、趣味の合う人を探しやすいというメリットも大きいでしょう。

恋愛関係を長く保たせるにはお互いに共通点が多いことが必要不可欠ですから、趣味が一致している人を探せるというのは想像以上に大きな利点です。

性格も趣味も一緒だったら、「そりゃ仲良くなれるよな」と感じますよね。

自分に合う相手を探す場合は、タップルよりもwithを選びましょう。

利用目的②短期間で出会いたい

次が、短期間で出会いたいというものですね。

長く付き合える人が見つかればいいとは思うけど、とにかくサッサと多くの人と出会いたいのであれば利用すべきはタップルです。

上述のようにタップルは総会員数が600万人と非常に多く、マッチ形式もスワイプ式なので色んな人とマッチングするチャンスがあります。

「気軽に出会いたい」と考えている利用も比較的多いため、軽くやり取りをしてすぐに会えたりもしますよ。

そして何よりも便利なのが「おでかけ」機能でしょう。

「おでかけ」機能とは、今からすぐに会える相手を探すためのものです。

早ければ知り合って30分で合流してご飯を食べることだって可能ですから、スピード感はタップルの圧勝ですね。

さらに、「おでかけ」機能を使っている方は他人との距離が近い人が多く、一度遊べば簡単に仲良くなれたりもします。

変にガードが硬くて中々親密になれないような人が来る可能性が低いのは、単純にありがたいですよね。

「すぐに出会いたい」、「多くの人と出会いたい」、「たくさんの人と出会ってから恋人を吟味したい」というような方はタップルの利用をおすすめします。

利用目的③とりあえずマッチングアプリを始めてみたい

そして最後が、とりあえずマッチングアプリを始めてみたいというもの。

この場合おすすめなのはwithでしょう。

料金が安いこともその理由の1つですが、最も大きいのはモテ度チェック機能の存在です。

モテ度チェックとは、プロフ欄やメイン写真、いいねの数などを自動的にチェックして知らせてくれるもの。

それを上げようとしているだけで、出会える確率が上がる利用方法が身に付いてくるわけです。

モテ度を改善させるアドバイスも見られるので、実践しながら学べる良いシステムでしょう。

「使い始めたけどwithは自分に合わない」と思ってタップルに移るとしても、withで学んだ良いプロフ欄の書き方などはそのまま有効利用できます。

また、マッチングアプリをまだ使ったことがない人にとって、知り合って間もない相手とすぐに出会うのは怖さもあるでしょう。

その点でもwithは安心感があります。

タップルではすぐに「会いたいです」と言われることが多いですが、withは「まずしっかりとメッセージのやり取りをしよう」と考えている人が多いからですね。

どれにしようか迷っている初心者には、とりあえずwithをおすすめします。

withとタップルそれぞれの特徴を知って自分に合っているものを選ぼう

ここまで見てきたように、withとタップルにはそれぞれ違った特徴やメリット・デメリットがあります。

それらを把握して自分に合ったものを選ぶことで、理想の出会いに巡り合える可能性は高くなっていくでしょう。

本記事を参考にして、ぜひ素敵な相手を見つけていってくださいね。