異性にモテる仕草を徹底解説![女性Ver]

「異性にモテたい」
「顔に自信がない」

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

顔が整っている人ばかりが異性にモテるわけではありません。

実は仕草を上手く活用することで異性にモテることが可能です。

この記事では異性にモテるための仕草について解説します。

いままで非モテの人でも異性の心を鷲掴みできるので、ぜひご一読を。

モテる人は顔だけではない

異性にモテるためには顔が重要だと思っている方も多いでしょう。

実はモテる人は顔が整っているからモテるわけではありません。

モテる人は非言語コミュニケーションを大事にしています。

ウェブスター大学の心理学者モニカ・ムーア氏によると、「美人で非言語コミュニケーションに乏しい人」と「美人ではないけれども非言語コミュニケーションが活発な人」では、後者の方が異性にモテるという研究結果があります。

モテる人は顔だけではないのです!!

モテるには非言語コミュニケーションが重要

モテる人は非言語コミュニケーションを上手く活用しているという説明をしました。

ではそもそも非言語コミュニケーションとはなんでしょうか!?

非言語コミュニケーションとは言語以外のコミュニケーションのことで、「視覚情報」「聴覚情報」「言語情報」の3つに大別されます。

メラビアンの法則とは

この非言語コミュニケーションの重要性を語る上でメラビアンの法則は欠かせません。

メラビアンの法則とは矛盾したメッセージを受けた際に、人の行動のどの部分から情報を判断しているのかを示した法則です。

そこでは視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%の割合で伝わるとされています。

言語情報よりも非言語コミュニケーション(視覚情報、聴覚情報)が重要だということです。

  • [視覚情報]とは、見た目、仕草、身なり、雰囲気などです。
  • [聴覚情報]とは、声のトーンや話しの内容のことです。
  • [言語情報]とは、話しの内容として分別されています。

そのため、見た目意外にも仕草という視覚情報を相手に与えることで効果的に異性の興味を惹くことが可能です。

モテる仕草【女性編】

女性ならではのモテる仕草が存在します!ここでは女性が男性に対してするモテる仕草をご紹介します。

モテる女性を観察するとこのような仕草を自然と使いこなしているのではないでしょうか。

①男性の袖を引っぱる

男性の袖を引っ張るはどんな男性でもキュンとしてしまうような鉄板のモテ仕草です。

距離も近いですし頼られていると感じる男性が多いようです。

女の子らしく小動物感がある仕草で、少しうつむきながらすることでよりポイントが上昇するでしょう。

相手の名前を呼ぶのに慣れていない人は「ちょっと待って」などの声と一緒にすると効果的です。

②髪の毛を耳にかける

モテる仕草の2つ目は、髪の毛を耳にかけることです。

普段と異なる髪型や、耳から首元にかけて露出することで引き出される色っぽさによるものでしょう。

また耳にかける際はかける方向と逆の手で耳にかけることで威力が倍増します。

右耳にかける際は左手、左耳にかける際は右手でかけるという、小技で色っぽさを演出しましょう。

③さりげないボディータッチ

女性からさりげないボディータッチをされて不快に感じる男性は極めて少ないです。

そのくらい効果がある「さりげないボディータッチ」です。

自分に気があるのではないかと男性は考えてしまいます。

肩にツンツンと叩いてみたり、さりげなく手を触れてみたり。ボディータッチができるくらいに近い距離にいることでもドキドキするものです。(しかし過度のボディータッチには気をつけましょう)

度を超えすぎると不快に感じたり、逆に誘っていると勘違いされる危険性を秘めています。

丁度よいさりげないボディータッチを心がけましょう。

まとめ

この記事では、この記事では異性にモテるための仕草について解説しました。

非言語コミュニケーションである仕草は想像以上に相手に多大な影響を与えることが分かりました。

男性でも女性でもそれぞれにモテる仕草が存在することが分かりました!

性別によってモテる仕草にも特徴があります。

どちらの仕草においてもわざとらしく仕草をするのではなく、自然に振る舞えるようになったらあなたも仕草マスターです。

仕草を上手に使いこなし、気になる異性を振り向かせましょう

この記事が少しでも参考になれば幸いです。