dineでドタキャンされたらどうしよう!ドタキャンされたときの対処法とドタキャンの予防策を解説

・dineでドタキャンされることがあるのか不安
・Dineでドタキャンされた時の対処法を知りたい
・ドタキャンを防ぐ方法を知りたい

このように思う方も多いのではないでしょうか。

dineは他のマッチングアプリと比較して前日~当日のドタキャンが少ないと言われています。

しかし、絶対にドタキャンがないとは言えません。

実際dineを通じてデートする予定だった女性からドタキャンされた事例はあります。

そこで、本編はdineを通じて約束したデートをドタキャンされた場合の対応とドタキャンを未然に防ぐ方法をご紹介します。

dineの女性からドタキャンされた場合の対応策は?

dineを通じて約束したデートをドタキャンされたら以下の対応をしましょう。

・dineの運営に報告する
・dine tonightで当日の相手を探す
・相手が見つからない場合はお店にキャンセル連絡をする

以下、解説します。

対応策①:dineの運営に報告する

dineでは1回目のドタキャンは厳重注意、2回目のドタキャンは強制退会というルールを課してドタキャン防止に努めています。

相手女性もそのルールを知ったうえでドタキャンをしているので、それでもドタキャンされたならdine事務局に報告しましょう。

そこまでしたくないという人もいるかもしれません。

しかし、報告をすることでドタキャン被害を受ける男性を減らし、自分や他の男性利用者が安心してdineを利用できます。

自分や他の男性ユーザーのために、ドタキャンされたら心を鬼にしてdine事務局に通報してください。

対応策②:dine tonightで当日の相手を探す

dineでドタキャンされた場合は「dine  tonight」という仕組みの利用しましょう。

 「dine  tonight」は公募のような仕組みで、日時とお店を指定したうえで登録女性にデート募集をかけられます。

店によってはドタキャンするとキャンセル料を取られるので、時間とコストの観点から「dine  tonight」は効率的です。

対応策③:相手が見つからない場合はお店にキャンセル連絡をする

「dine  tonight」でデート相手を探しても見つからない場合は、お店へキャンセル連絡しましょう。

予約したお店にキャンセル連絡をするのはマナーですし、あなた自身もドタキャンしたものとみなされペナルティが課せられます。

当たり前のことかもしれませんが、マナーを守れる男性に女性は惹かれるものです。

dineを気持ちよく利用し、自分の魅力を下げないようにするためにも人としてのマナーは守りましょう。

なぜdineのドタキャンが発生するのか

ドタキャンが発生する要因は以下が挙げられます。

・スケジュールを忘れられていた
・本当に会うのか不安になる
・会いたいと思わなくなる
・ 急に忙しくなった

以下解説をしましょう。

要因①:スケジュールを忘れられていた

女性はスケジュールが沢山入っていて、dineで多くの男性とデートをしている可能性があります。

デートのスケジュールが先になればなるほど女性は自分とのデートのスケジュールを忘れてしまうので、デートの日程調整は重要です。

自分とのデートスケジュールを忘れられないようにするためには、ドタキャンされないようなスケジュール調整をしましょう。

要因②:本当に会うのか不安になる

dineはメッセージのやり取りなしでデートができる点が最大のメリットです。

しかし、メッセージのやり取りが一切ないと、女性側は本当にこの人とのデートが実現するのか不安になります。

女性に対して、約束した日に「あなたとデートします」という意志が伝えるためにもメッセージ機能を活用しましょう。

要因③:会いたいと思わなくなる

気まぐれな女性は一定吸う存在しますし、天候、体調など様々な要因であなたとデートすることへの気持ちが向かなくなるケースも想定されます。

女性の感情の変化があることはある程度想定したほうが良いでしょう。

要因④: 急に忙しくなった

相手女性が仕事が忙しくて抜けられない場合は、やむを得なく前日~当日のデートをキャンセルする場合があります。

無理なスケジュール調整をすると、仕事を理由としたデートキャンセルが発生するリスクが発生すると認識しましょう。

dineデートでドタキャンされない4つの方法

dineデートでドタキャンを防ぐためには以下4つの方法があります。

・dineプロテクトを導入している店でデートオファーする
・ マッチした日から近いスケジュールで調整をする
・デート日まで最低限のメッセージを送る
・可能な限りデートは相手女性が休みの日に調整する

それぞれご紹介しましょう。

方法①dineプロテクトを導入している店でオファーする

「dineプロテクト」とはドタキャン防止の仕組みで、事前に導入店へ男女双方のクレジットカード情報の通知が必要です。

もし、前日以降のキャンセルが発生した場合は男女双方からキャンセル料を徴収されるのでドタキャンの抑止力になります。

「dineプロテクト」は全dine提携店で導入していないので、導入店を選んで女性にデートオファーしましょう。

結果。女性側は、ペナルティとキャンセル料の支払いを避けるためにデートをドタキャンしなくなります。

「dineプロテクト」導入店はドタキャンの抑止力になることを知っておきましょう。

方法②:デートはマッチした日から近い日程で調整をする

「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、デートが決まってお互いテンションが高いうちに会うのがベストです。

マッチしたらなるべく早い日程でデートのスケジュールを調整しましょう。

逆に、2週間後~1か月後という先の日程でしか調整できない場合、ドタキャンリスクが上がるので、そのリスク認識も大事です。

方法③: デート日まで最低限のメッセージを送る

dineはメッセージなしで女性とデートできる点が最大の利点ですが、できることならメッセージ機能は利用しましょう。

なぜなら、メッセージをすれば以下のメリットがあるからです。

・少し先の日程でデートスケジュールを組んでも、女性の気持ちを繋げることができる
・女性から「本当に会うの?」という不安を和らげられる
・デートで盛り上がるネタを仕入れられる
・メッセージをしないライバル男性よりあなたを印象付けられる
・女性のドタキャンが事前に察知できる

メッセージはドタキャンの要因を排除できるうえ、女性に対してあなたを印象付けられるため実は有効なツールと言えます。

デート前に、スケジュール確認メッセージを送れば、その返信状況でドタキャンが分かるので確認メッセージは必ず送りましょう。

dineはメッセージ不要なアプリですが、メッセージを活用すれば、ドタキャン防止と女性のテンション維持ができるのです。

方法④:可能な限りデートは相手女性が休みの日に調整する

女性が仕事の日は、急な仕事が舞い込むなど予想不可能な事態が想定され、ドタキャンが発生しやすくなります。

しかも、直前キャンセルの場合は「dine  tonight」も活用できません。

ドタキャンの場合は早い段階でキャッチアップできるように、デート日は可能な限り女性の休日に合わせるようにしましょう。

dineのドタキャンはある程度防げる!ドタキャンされないようなアクションをしよう

dineでデートの約束をドタキャンされるのはある程度やむを得ません。

ただ、女性がドタキャンをしやすい状況を作っているからドタキャンされてしまうという側面があるのも事実です。

女性からのドタキャンを防ぐためには以下を徹底しましょう。

・dine プロテクト導入店でのデートオファー
・最適なデート日の設定
・メッセージの活用

それでもドタキャンされた場合は、dineの事務局に報告した上で「dine  tonight」を活用してデート相手を見つけるといいです。

どうしてもデートが相手が見つからないなら、お店側になるべく迷惑をかけないようキャンセル連絡も忘れてはいけません。

ドタキャンキャン防止対策の徹底とドタキャンされたときの対応を認識してdineでの楽しい食事デートを実現させましょう。