【男性必見】Dineを1週間利用して10人の女性とデートできた試してみた

Dine (ダイン) とは?

20〜30代に大人気のデート特化型マッチングアプリ

会員数未公表
会員属性20代後半〜30代後半
目的恋活/デート
対象地域東京/名古屋/大阪/福岡
基本料金男性:6,500 円
女性:6,500円
※25歳以下は、3,900円
運営会社株式会社Mrk&Co

Dine (ダイン) は、デートすることに特化したマッチングアプリです。デートすることを前提に利用しているユーザーが多いため、マッチングした後は、面倒なメッセージのやり取りがなく、日程を調整するだけでデートの約束を取り付けられます。さらに、デート場所のレストラン予約も運営会社が代行してくれるため、デートまでがスムーズで、すぐにデートができる仕様になっています。デートまでの面倒な工程をアプリが解消してくれるため、デートすることにおいて、最も合理的なマッチングアプリです。

とにかくデートまでのスピードが早い

マッチングした時点で、デート相手とデート場所が決まっているので、後はデート日を決めるだけでデートセッティング完了です。Dine (ダイン) はマッチング後に日程調整画面が出てくるため、面倒なメッセージなく日程調整が可能です!

また、デート場所のレストラン予約も、アプリ運営会社が代行してくれます。つまり、マッチングした後はユーザーは日程調整をするだけで、デートができちゃうわけです。面倒な対応なく、出会うまでのスピードがとにかく早いです!

ドタキャンが限りなく少ない

マッチングアプリの出会いにおいて最大の懸念は、会う約束までしたのに、当日に来ないという「ドタキャン」です。デート相手都合のドタキャンの場合は、当日のデート時間を無駄にするだけでなく、お店の予約をしていた場合はキャンセル代金の支払いまで請け負うことになったりします。Dine (ダイン) の場合はそのドタキャンが限りなく少ないのです!なぜなら、Dine (ダイン) は提携レストラン予約時に、デート相手双方にクレジットカードの登録が必要になり、ドタキャンが発生した場合、要因になったユーザー側からレストランのキャンセル代金を徴収する仕組みになっています。その仕組みにより、気軽にドタキャンするユーザーが減り、ドタキャンが限りなく少ないわけです。

実際に編集部 イッチーが1週間Dine (ダイン) を使ってみた!

編集部 イッチー

名前:イッチー (26)

マッチングアプリ歴:3年

出身地:大阪

学歴:大卒

年収:450万円

職業:イベント企画・運営

都内でイベントの企画や運営をしています。現場稼働が多く、東京と大阪を行き来することが多いです。職場での出会いがないため、仕事の合間に効率良く出会う方法を模索して、マッチングアプリを使い始めました! 個人的には年上で仕事の話も気軽にできる方が好みです。

1週間Dine (ダイン) を使ってみた結果

1週間Dine (ダイン) を使ってみた結果、なんと3人とマッチングして、2人とデートの約束を取り付けました。驚異のデート率!!

デートの約束ができた人の特徴

  • 20代後半〜30代前半の企業勤め

私がデートの約束を取り付けた方は、28歳と32歳の女性で、ご職業は、都内渋谷でIT企業と東京駅近郊で金融系企業に勤めていらっしゃる方でした。どちらの方も職業柄多忙のようで、金曜日の晩と週末土曜日のお昼にお食事することになりました。

  • 容姿が綺麗な方が多い

お二人とも容姿がお綺麗な方で、美人キャリアウーマンなイメージ通りの方でしたね。 これはDine (ダイン) のユーザーだからなのかわかりませんが、個人的には綺麗な方が多い印象でした!

多趣味な経験豊富なところに惹かれた

お二人とも職業柄、お仕事のお話もできそうでしたし、プロフィール欄に記載していた趣味がアウトドアなものからインドアなものまであり、多趣味で経験豊富そうなところが、実際に会ったら話が弾み楽しそうだなと感じたため、惹かれましたね!

メッセージのやりとりはほぼなくデートへ

マッチングした後に日程調整を行い、「待ち合わせ場所をお店にしましょう」というやりとりと「当日はよろしくお願いします」というやりとりのみでデートできました。 お互いデートすることを目的にマッチングしているので、面倒なメッセージの駆け引きもなく、スムーズにデートまで行けました!

Dine (ダイン) では短期間でも女性とデートを取り付けることができる!

Dine (ダイン) はデートに行くことを前提としたマッチングアプリ、通称デーティングアプリなので、やはり、デートの約束を短期間、高確率でセッティングすることができますね!

まずはデートしたいという人にはオススメですね。

また、今回私は使いませんでしたが、Dine (ダイン) には、「Dine Tonight」という機能があり、当日にデート相手を募集することができる、超スピード重視のデート機能も備わっています。

今日は夜予定がない!1人で飲みたくない!誰かとご飯に行きたい!などのニーズに応えることができます。この機能を使えば、最短でデートができちゃいますね!

他の人のDineの口コミ

僕の体験談だけでは偏っているかもしれないので、他の人の口コミをピックアップしました。

出会えている人の口コミ

①初めは本当にデートができるのか心配だったけど、日程調整するだけで簡単にデートができたので、シャイな僕でもデートができるアプリとして重宝しています!

②Dine (ダイン) の提携レストランリストがめちゃくちゃ良い。安くて美味しいお店もたくさんあり、普段使いにも使える。

③他のマッチングアプリでドタキャンされた時は泣き寝入りだったけど、Dineはドタキャン防止策が整っているから、比較的安心して利用できるのが良い!

他の方の口コミを見る限り、僕の体験と似ている方、同様の方が多そうな印象ですね。

Dine (ダイン) が上手く活用できていない人の口コミ

①リクエスト送ってもマッチングしない

→プロフィール欄をきちんと書いていますか?プロフィール欄は、あなたのことを知らない人にとっての唯一の情報源になります。プロフィールがおろそかになってしまうと、あなたの良さが伝わりにくくなります!そうなれば、マッチング率も低くなってしまいます!まずは、プロフィールの写真やプロフィール欄をきちんと埋めて、あなたの情報をたくさん書きましょう!

②話が弾まず、デートを早めに切り上げました。

→ 人によるかもしれませんが、メッセージのやり取りも少ないのでプロフィール欄でしか相手のことがわかりません。実際に会ってみたら話が弾まないこともあるかもしれませんね。プロフィール欄の情報やレストランの選択情報などを見て、気が合いそうかどうかをきちんと精査してみても良いかもしれませんね!

Dine (ダイン) 体験談まとめ

Dine (ダイン) はデートすることに特化したマッチングアプリのため、デートを行くこと目的としたアプリの中ではダントツでNo.1でした。デートをセッティングする上での無駄な要素は省かれており、スムーズでしたね。他のマッチングアプリでは、マッチングした後のメッセージのやりとりが長く、結局出会えなかったことも多々ありましたが、Dine (ダイン) は違いましたね。出会いにおいての合理性を追求したものがアプリに踏襲されているイメージでした。特別なことをせず、マッチングした後にデート日程を調整するだけです。これからも出会いにおいて、重宝していきたいと思います!

絶対に使うべき機能①:Dine Gold

マッチングした後にメッセージのやりとりや日程調整をするためには、マッチングしたユーザーのどちらか一方もしくは両方がDine Gold会員(有料会員)である必要があります。意中のお相手とマッチングした際は、デートができる大チャンスです。Dine Gold (ダインゴールド) 機能を利用することをお勧めします。

絶対に使うべき機能②:Dine Tonight

他のマッチングアプリと比較すると、Dine (ダイン) は出会うまでのスピードは早いのですが、さらに出会うまでのスピード感を求める場合は、「Dine Tonight (ダイン トゥナイト) 」機能をお勧めします。

Dine Tonight 機能は、当日会える時間と場所を指定して、デート相手を募集することができます。「急遽、今晩暇になった」「今晩はひとりでの飲みたくない」「誰かと飲みたい」などの出会いを最短で求める方にお勧めです!当日に募集して当日にデートができちゃうんです!

もっと、もっと、Dine (ダイン) のことを知りたい方は、詳細情報のページも見て見てくださいね!