【驚愕】マリッシュはサクラだらけって嘘?本当?【特徴と遭遇しない3つの対策を紹介します】

【驚愕】マリッシュはサクラだらけって嘘?本当?【特徴と遭遇しない3つの対策を紹介します】

マリッシュはサクラだらけなのか?

こんな不安を持っている人も多いのではないでしょうか。

結論から言と、マリッシュが雇っている「サクラ」はほぼいません。

しかし、運営とは関係ない「業者」や「要注意人物」は一定数いますので要注意です。

本記事では、マリッシュのサクラや業者の実態と見極め方を解説します。

マリッシュはサクラだらけというわけではない

マリッシュはサクラだらけというわけではない

冒頭でも紹介したように、マリッシュがサクラだらけということはなく、少なくとも運営側が雇ったサクラはほぼいません。

なぜなら、「月額制でサクラを雇うメリットはほぼない」ため。

企業がサクラを雇う目的は「メッセージ1通あたりの課金制で、出会えると期待してたくさんメッセージを送ってもらう」ことです。

いわゆる「出会い系サイト」に多い売上の増やし方なんですね。

ただし、「男性を、マリッシュの有料会員に登録させようとするサクラ」は少なからずいるとの声もありました。

とはいえ、本気で出会いを求めている男性であれば有料会員にはサクラがいなくてもなるので(メッセージのやり取りができないため)、問題ないでしょう。

※女性は完全無料です。

マリッシュでサクラだらけと嘆いている人が多いのは、「サクラと業者を同じものだと考えている人が多い」から。

つまり「サクラではなく業者だらけ」というのが正解です。

マリッシュはサクラだらけというより「業者だらけ」

マリッシュはサクラだらけというより「業者だらけ」

マリッシュはサクラだらけというより「業者だらけ」といえます。

特に多いのは以下の3種類。

  • 副業、勧誘
  • 他サービスへの誘導
  • 遊び目的

詳しく見ていきましょう。

マリッシュにいる業者①:副業、勧誘

まずは「副業・勧誘」です。

  • クリックするだけで簡単に稼げる
  • 某ウイルスでお金に困っていませんか
  • 不労所得ほしくないですか

こういった「怪しいお金稼ぎ」に勧誘してくる人はいます。

マリッシュはあくまで「恋愛や結婚につながる出会いの場」ですので、もちろん違反です。

マリッシュにいる業者②:他サービスへの誘導

次に「他のサービスへの誘導」です。

  • LINEなどの個人情報収集
  • 他の出会い系サイトへの登録
  • エステや芸能人という言葉を使って誘導

といった人も一定数います。

ただし、マリッシュに潜む「3種の業者」の中ではダントツで見極めやすいので安心しましょう。

マリッシュにいる業者③:遊び目的

正確に言うと業者ではないのですが……。

1番見分けにくく、1番タチが悪く、1番数が多いのが「遊び目的」。

具体的には下記のような目的でマリッシュに登録している人たちのことです。

  • 既婚者が不倫相手を探す
  • 独身だが身体目的の人を探す
  • 性犯罪のターゲットを探す

マリッシュの年齢層は大手マッチングアプリと比べると比較的高め。

ゆえに、恋愛経験の少ない人や、過去に恋愛や結婚でトラウマを持っている人が多いです。

そんな人たちが「恋愛に自信がないこと」をいいことに、巧みな言葉でだますようなサイコパスが潜んでいます。

見極めは正直難しいですが、全く見極められないわけではありません。

マリッシュはサクラではなく業者だらけだからこそ知っておきたい3つの対策

マリッシュはサクラではなく業者だらけだからこそ知っておきたい3つの対策

マリッシュはサクラだらけ(業者だらけ)、諦めなければ……。

そう思った方もいるかもしれません。

しかし、大半が真剣な出会いを望む真面目な人です。

素敵な異性と出会うために、「3種の業者それぞれを見極める対策」について紹介します。

対策①:美男美女+プロフィール画像1枚には注意

まずは「美男美女に要注意」です。

え!?と思う方もいるかもしれません。

正確に言うと「美男美女で、顔が写っているプロフィール画像1枚だった場合」です。

業者は美男美女の写真で異性を寄せて、たくさんの人を勧誘しようとしています。

しかし、美男美女というのは業者本人ではなく「ネット検索で適当に拾ってきた画像」なことがほとんど。

なぜなら、有名人の画像を使うと「本人ではない」ということがすぐにバレてしまうから。

また、彼らは顔が写っているプロフィール画像を1枚にして、「違う写真じゃないか」と言われないようにしています。

そして、美男美女の画像1枚と以下のような画像がアップされている場合も注意しましょう。

見極めポイント
  • 高級ホテルの写真
  • 高級車の写真
  • タワーマンションの写真

対策②:他のサービスが出てきたら即通報(例外あり)

次に「他のサービスが出てきたら即通報」です。

特に、やり取りしてあまり時間が経っていないのに、外部サイトに誘導する場合はほぼクロといえるでしょう。

他のサービスへの誘導や勧誘は、婚活目的ではないゆえに「規約違反」です。

運営に他のサービスへの誘導があったとの旨を、通報しておきましょう。

ただし、ある程度やり取りを続けている人とLINE交換をするのは問題ありません。

目安としては1週間といったところでしょうか。

業者は「数うちゃ当たる戦法」なので、2~3日で勧誘や誘導を仕掛けて来ることが多いですからね。

対策③:思いあがらせる人は要注意

遊び目的の人は、以下のように「あなたを思いあがらせるような言動をする」ことが多いです。

特に、恋愛経験が少なく自信がない人ほど気をつけましょう。

  • かわいい(かっこいい)と何度も言う
  • メッセージ段階で積極的にアプローチしてくる

本当に好意を抱かれていることも稀にありますが、遊び目的の可能性が高いです。

また、初対面で「おうちデート」を提案してきた場合は、ほぼ確実にヤリモクです。

きっぱり断るようにしましょう。

マリッシュとサクラに遭遇してしまった人におすすめアプリ3選

マリッシュとサクラに遭遇してしまった人におすすめアプリ3選

マリッシュでサクラに遭遇してしまったという人は、マリッシュではなく他のアプリを使用するのがおすすめ。

ここからはマリッシュ利用者におすすめできるマッチングアプリを紹介します。

おすすめアプリ①ペアーズ
おすすめアプリ②with
おすすめアプリ③Omiai

マリッシュ以外のおすすめアプリ①:ペアーズ

ペアーズは会員数1,000万人突破、利用者数No1の国内最大級恋活アプリ。

利用者は「良い人がいればお付き合いしたい」と願う恋活利用のユーザーが8割を占めています。

そして、ペアーズの最大の魅力はなんといっても会員数1,500万人越えという多さ。

他のマッチングアプリでは「地方だとユーザーが少なくてなかなかマッチングできない」などの悩みもありました。しかし、ペアーズは会員数が多いため地方でもマッチング率が高いです。

距離設定できるので県をまたいだ恋も可能。筆者の知り合いにもペアーズでお付き合いをされた方もいます。

ペアーズのダウンロードはこちら!

マリッシュ以外のおすすめアプリ②:with

withは心理学や統計学に基づいたイベントを中心に、会員が楽しめる仕掛け満載のマッチングアプリ。

好きなことや趣味などを設定しておけば、自動的に共通点のユーザーからアプローチがきます。アプローチがきた会員を気に入ればマッチング率は大幅アップ。

また、withの最大の特徴である「相性診断」はユーザーに大人気の多種多様な診断テストです。

withの相性診断心理テストでは結果をもとに相性の良い相手を紹介してくれます。

さらに、1日10人まで相性の良い相手にいいねを無料で送信可能。

withのダウンロードはこちら!

マリッシュ以外のおすすめアプリ③:Omiai

Omiaiは累計会員数600万人突破の国内最大級のマッチングアプリ。

2012年に異性紹介マッチングアプリの文化を日本に根付かせた元祖マッチングアプリ。他アプリと比べると出会いに真剣な人が多く、結婚を見据えて付き合いたい人向けのアプリです。

また、Omiaiは「いいね!」が分散する仕組みがあるため、お相手からの「いいね!」がもらいやすくマッチング確率が高くなります。

Omiaiの「いいね!の分散」システムとはユーザーの人気具合によって、いいねの消費数が変化するのが特徴。

人気会員にいいねすると「10いいね」消費してしまうんです。

1人の会員に「10いいね」消費するのであれば、普通の会員10人に「計10いいね」するのが効率的。

当システムのおかげで全会員にまんべんなく「いいね」が行き渡りやすくマッチングしやすい環境をつくれるのです。

他のマッチングアプリでは全くマッチングしない人はOmiaiを利用するのがおすすめ。

Omiaiのダウンロードはこちら!

まとめ:マリッシュはサクラだらけ(業者だらけ)だが見極めやすい

本記事では、マリッシュはサクラだらけなのかどうかについて解説しました。

マリッシュにサクラはほぼいませんが、業者は一定数います。

ただし、遊び目的以外の業者は簡単に見極められますし、真面目に婚活している人が大半。

見極め方を知っておくと、素敵な異性に出会いやすくなりますよ!

さらに詳しくマリッシュの実態を知りたい人は、【マリッシュの口コミは?ポジティブとネガティブの両方暴きます!】という記事も合わせてご覧ください。