マッチドットコム(Match)は条件検索が画期的【両想いマッチが特におすすめ】

「マッチドットコムの検索機能を使っているけど、上手く使い分けられていない」

「どの検索方法を使えばいいのか分からない」

という方は多いのではないでしょうか?

マッチドットコムは条件検索が画期的で便利なのですが、その分使いこなすのが少し難しいです。

できることが多いと、逆に何をしていいのか分からなくなりますよね。

そこでこの記事ではマッチドットコムの条件検索の種類を紹介し、その後に各検索方法のメリットとデメリットを見ていきます。

検索方法で迷っている方はぜひご覧ください。

【結論】迷ったらとりあえず「両想いマッチ」で検索

どの検索方法を使うか迷ったときは、とりあえず「両想いマッチ」がおすすめです。

お互いが求める条件に当てはまっている人のみが検索できるため、メッセージをした後の関係性が深まりやすくなります。

運命の相手を探すには最適と言えるでしょう。

「両想いマッチ」以外にも、「想われマッチ」、「デイリーマッチ」などがありますが、この記事でお勧めしたいのは「両想いマッチ」です。

検索の部分を押すと検索方法が選べるようになっています。

デイリーマッチは自動的に表示されるので、ボタンはありません。

また、自分がよく使う検索条件は保存でき、それは「保存した検索」にストックされるシステムです。

この機能も地味に便利で、この記事でお勧めしていく「両想いマッチ」と併用すると、もっと効率よく運命の相手探しができると思います。

因みに、選べる条件は下の画像のように、趣味、容姿、パーソナル、ペット、ライフスタイルなど、かなり細かく設定されています。

ここまで詳細な設定ができるとなると、好みの相手も見つけやすくなるのは当然ですよね。

ぜひ使いこなしていきましょう。

マッチドットコムの検索機能「両想いマッチ」とは

上述しましたが、「両想いマッチ」は、お互いが求める条件にお互いが当てはまっている人同士を検索する方法です。

お互いがお互いの好みに合致する、「両想い」の相手を探すことができます。

両想いマッチのメリット

一番のメリットは、やはり趣味が合う相手が探せるという点でしょう。

恋愛において、お互いの趣味が合っていることは非常に重要です。

ある研究によると、共通点が多い男女の方が、そうでないペアよりも関係性が深まりやすいそうです。

せっかくメッセージのやり取りをするなら、話が合って、相手も自分のことをよく思ってくれる方が良いですよね。

検索して表示される人数は約100~500人で、十分沢山の人の中から好みの人を探すことができるでしょう。

検索画面では、相手の顔写真が確認できるようになっているため、容姿も確認できます。

単純に、こんなに多くの異性と両想い状態なんだと感じられるので、気分も良くなりますよ。

もしも数が多すぎて選べなければ、自分の指定する条件を追加してみるのも良いでしょう。

反対に少ないと感じたなら、条件設定を見直すと、検索結果も簡単に増えてくれます。

検索回数に制限がないため、何度でも条件を変えて相手を探すことが可能だという点も大きなメリットです。

両想いマッチのデメリット

唯一のデメリットは、「自分の条件は満たさないけど、とても魅力的な人」を見逃してしまう可能性があるという点です。

そんな相手が自分の趣味を良いと思ってくれていても、検索結果には出てきません。

自分が指定する条件を緩くすれば見逃す可能性は低くなるとはいえ、完全に全ての相手を見ることはできません。

理想的な相手を、条件で絞って検索する代償と言えるでしょう。

しかし、選択肢が多すぎるとそれだけ多くの人を見なければならず、労力もかかります。

さらに、画面に表示されていても見逃してしまう可能性はあります。

コスパを考えるとやはり「両想いマッチ」はちょうどよい塩梅でしょう。

マッチドットコムの検索機能「想われマッチ」とは

「想われマッチ」とは、相手の求める条件を自分が満たしているとき、その相手を表示する方法です。

自分のことを想ってくれている人を、全員確認することができます。

想われマッチのメリット

一番のメリットは、自分の条件に依らず、自分を想ってくれている全ての相手のプロフィールが確認できる点でしょう。

「自分はそこまでこだわりがない」という方にはお勧めです。

「両想いマッチ」のデメリットである、魅力的な相手を見逃す心配も軽減できます。

検索して表示される数も基本的には「両想いマッチ」よりも「想われマッチ」の方が多くなるため、選択肢も広くなります。

とりあえず「想われマッチ」で検索して、表示されるプロフィールを眺めているだけでも、楽しめるでしょう。

もちろんこちらも、相手の容姿の確認もできます。

また「両想いマッチ」同様、自分は相手の条件を満たしているわけですから、相手の返信率も高くなることが期待できます。

「自分は相手の好みを満たしている」と思うと、メッセージを送る際の心理的なハードルも低くなりますよね。

想われマッチのデメリット

デメリットとしては、数が多くなりすぎるという点があります。

沢山の人の中から選べるというのはメリットのように感じますが、選択肢が広すぎると人間は迷いが増してしまいます。

「沢山見たが故に、誰にもメッセージを送れなくなった」なんてことが起きるかもしれません。

さらに当然、自分の好みではない人も多く表示されるので、探す労力も増してしまいます。

「外見が魅力的で、プロフィールを見ても気が合いそうだったけど、自分がどうしても譲れない条件を満たしてくれていなかった」ということもあります。

沢山の相手が見られる代わりに、労力が増すということです。

効率的に運命の相手を探したい人にとっては、少し手間のかかる方法でしょう。

マッチドットコムの検索機能「デイリーマッチ」とは

「デイリーマッチ」とは、自分の設定した条件に合った相手を、「はい」か「スキップ」で判定していく方法です。

1日に10人程度を見ることができます。

また、継続的に利用していると、表示される相手が自分の好みに合致する精度が上がっていきます。

デイリーマッチのメリット

「デイリーマッチ」の魅力は、簡単であることです。

表示される数は10人前後であるため、3分もあれば全て確認できます。

上述のように、回数を重ねていくと精度が上がっていくため、とりあえず毎日やっておくことをおすすめします。

なにより、フリック形式で判定していくので、お手軽です。

条件を全て自分が決めるのではなく、詳細な部分はアプリが勝手に調整していってくれるため、「予期せぬ運命の出会い」が得られる可能性もあります。

「両想いマッチや想われマッチで色んな人を見たけど、選択肢が多すぎて誰にメッセージを送れば良いのか分からない」という人は、とりあえずデイリーマッチに表示された人の中から選んでみるのも効果的だと思います。

「ここに表示されたこと自体が運命だ」みたいに考えてみてはどうでしょうか。

デイリーマッチのデメリット

デメリットとしては、本腰を入れて相手を探すことには不向きだという点があります。

詳細な条件設定はできませんし、そもそも表示される数が少ないです。

沢山の人の中から、自分の力で運命の相手を探したい方にとっては少し心許ない機能でしょう。

「両想いマッチ」では、相手の趣味やライフスタイル、結婚願望に髪の色まで条件に設定することができます。

本当に自分が求めている相手を探したいのであれば、そちらを利用した方が効果的です。

「デイリーマッチ」は、本格的な検索機能として使用するのではなく、毎日アプリを起動したらとりあえず行う日課のような扱いにすることをお勧めします。

「運が良ければいい人が見つかるかもな」と、気楽な気持ちで使うのに適した機能でしょう。

【まとめ】「両想いマッチ」は、運命の相手を探すには必要不可欠

以上のように、それぞれの検索機能にはメリットとデメリットが存在します。

それぞれの特色を押さえて、自分に最も合う方法を使っていくことが大切でしょう。

「ここまで読んだけど、自分にはどれが向いているのか分からない」という方は、「両想いマッチ」を使いましょう。

「両想いマッチ」は、運命の相手を探すには必要不可欠な機能です。

極論、マッチドットコムの画期的な条件検索システムを使いこなして効率的に運命の相手を探していきましょう。

この記事を読んだあなたが、運命の相手に出会えることを祈っています。