Pairs(ペアーズ)で、ライン交換後もやりとりを続けるコツを徹底解説!

「Pairs(ペアーズ)で、気になっている人とライン交換ができた!でも、このあとどうすればいいの?」

「ライン交換後のやりとりが続かない…」

この記事では、上記のようなに悩んでいる人に向けて、Pairs(ペアーズ)でライン交換した後の対応方法についてまとめていきます。

「やっとライン交換できたのに、どんなメッセージを送ればいいかわからない」

「いつもラインをブロックされてしまう」

このような悩みのある人は、ぜひ最後まで本記事を読んでみてください。LINEを交換した後に、どのようにデートに繋げていけばいいのかがわかります!

ラインはPairs(ペアーズ)の延長線上にある

大前提として、ラインはあくまでPairs(ペアーズ)の延長線上にあると考えてください。

ラインの交換に成功すると、大きな達成感を感じますよね。しかし、安心するのはまだ早いです。

実際は、コミュニケーションをするツールがPairs(ペアーズ)からラインに変わっただけです。むしろラインを交換してからが本番といえるでしょう。

ライン交換後は、緩みそうになる気持ちを今一度引き締めて、相手とやりとりを続けましょう。

ラインを交換した後のやりとりのコツ

ラインを交換したあとのやりとりのコツを4つ紹介します。

ラインを交換できたということは、相手も少なからずあなたに興味を持ってくれています。そのぶん、ささいな対応のミスが命取りになってきます。

ですので、ラインではPairs(ペアーズ)よりも慎重にやりとりを続けていきましょう。コツは以下の4つです。

・返信は相手の生活リズムに合わせる

・返信しやすい質問を送る

・積極的に名前を呼んであげる

・なるべく早くデートのアポを取る

やりとりのコツ①: 返信は相手の生活リズムに合わせる

返信のタイミングは、相手の生活リズムに合わせてください。

相手が忙しい時間にメッセージを送っても、当然返信はきません。むしろ、迷惑に感じられてしまう可能性もあります。

相手が返信できない時間帯をしっかりと把握して、適切なタイミングで返信しましょう。

たとえば、平日の昼間が忙しい相手には、夜や休日にメッセージを送りましょう。相手からの返信もスムーズになるので、やりとりが途切れづらくなります。

やりとりのコツ②:返しやすい質問を送る

相手が返信しづらいようなメッセージを送っていませんか?

ほとんどの場合、相手はあなた以外にもやりとりをしている人がいます。選択肢が他にもあるので、返すのがめんどくさいメッセージは簡単にスルーされてしまいます。

一度、自分の会話履歴を確認しましょう。「へえ〜」「そうなんだ」のような、相槌だけで返信していませんか?相槌は、一番返信に困る反応です。

コツは、感想と質問を送ることです。たとえば、下記のような感じです。

相手「今日は、有名なケーキ屋さんに行ってきたの!」

自分「そうなんだ!いいなあ、俺もケーキ好きなんだよね。何食べてきたの?」

自分の意見や感想を入れることで、「ちゃんと自分の話を聞いてくれているな」と相手に感じさせられます。また、質問に対してはその返答をすればいいだけなので、返信しやすいですよね。

やりとりのコツ③:積極的に名前を呼んであげる

やりとりの中で、相手の名前を呼んであげましょう。名前を呼んであげることで、お互いの距離がグッと縮まります。

ポイントは「さりげなさ」と「適度な頻度」です。

無理やり名前を呼ぶのはNG。会話中にさりげなく呼んであげましょう。

また、むやみに呼びすぎるのも、馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。あまり乱発しすぎないように気をつけてください。

やりとりのコツ④:なるべく早くデートのアポを取る

ラインを交換した後は、なるべく早くデートのアポを取りに行くべきです。

ラインを交換できている時点で、相手のあなたに対する印象は決して悪くありません。ですので、相手がやりとりに飽きてしまう前にすばやくデートに誘ってしまいましょう。

とはいえ、ラインを交換した直後から「じゃあいつ会う?」は突然すぎます。デートに繋がる話題をふってあげて、その流れで自然に会う約束をしましょう。

ライン交換後のメッセージの話題例

ライン交換後のやりとりで、何について話せばいいか迷う人もいるでしょう。

話題に迷った人は、以下の3つの中から選んでみましょう。

・ご飯の話

・趣味の話

・よく行く場所の話

話題例①: ご飯の話

好きな食べ物や、よく行く店についての話題は、デートへの誘いに繋げやすいです。

たとえば、相手が好きな食べ物が肉料理だとわかれば、「今度一緒にお肉の美味しいお店に行かない?」と誘いやすくなりますよね。

最初のデートは食事に行く人が大半ですので、ご飯の話題は欠かせません。

話題例②: 趣味の話

趣味の話題もおすすめです。話題としては無難ですが、もし共通の趣味があったら会話が盛り上がります。

また、自分に馴染みのない趣味を相手が持っていたとしても、どんどん質問してあげれば会話が途切れません。

話題例③: よく行く場所の話

普段、相手がどこのエリアで活動しているのかを把握しておくことも、デートのアポをとる際に参考になります。

初回のデートは、相手がよく遊んでいるエリアに近い場所で会いましょう。

ラインのやりとりが続かない人の特徴

ラインのやりとりがなかなか続かない人の特徴についてまとめました。心当たりがないか、しっかり確認しましょう。

特徴①:ライン交換が目的になっている

ライン交換がゴールだと思っている人は、相手のラインをゲットした時点で燃え尽きてしまいがちです。

「ライン交換できた!もうデート確定だ!」と感じてしまうと、気持ちが緩んでしまいます。ラインを交換してからが本番だと考えて、身を引き締めましょう。

特徴②: 長文のメッセージを送っている

長文のメッセージを送ると、相手の返信の手間が増えます。1つのメッセージに情報を詰めすぎないように注意しましょう。

上記で説明した、「感想と質問」を意識することで、短くて相手も返信しやすいメッセージを作れます。

特徴③: 全然会う話に進まない

ライン交換後もだらだらと会話を続け、一向にデートへ誘わない人も、やりとりが続かない人の特徴です。

ライン交換をしたら、なるべく早くデートに誘うようにしましょう。

会う前に相手のことをできるだけ知りたい、という気持ちもわかりますが、実際に会ってみないとわからないことなどたくさんあります。

だらだらしていると、ライバルに先を越されてしまいますよ。

ペアーズはライン交換後こそが本番です

ここまで、Pairs(ペアーズ)でライン交換後のやりとりについて解説してきました。

この記事で解説したことを意識するだけで、簡単にやりとりをデートにまで繋げられるようになります。ぜひ実践してください。