Pairs(ペアーズ)でカップルになれない人の特徴とは?改善方法も解説

公開日:

「Pairs(ペアーズ)を使っているけど、全然恋人ができない」
「ペアーズでカップルになれる人の特徴ってあるの?」

この記事では、上記のような悩みや疑問を抱いている人に向けて、ペアーズでなかなか成果が出ない人の特徴や、カップルになるためのコツについて解説していきます。

ペアーズは、国内会員数が1000万人を突破した、今一番勢いのあるマッチングアプリ。ペアーズには、恋愛が苦手な人でも恋活を楽しめるように、様々な工夫がされています。

一方で、「ずっとアプリを使っているけど、一向に恋人ができる気配がない」「そもそも全然出会えない」という人が多いのも事実。

この記事を読めば、もうペアーズの使い方で悩むことはありません。

ぜひ最後まで読んでみてください。

Pairs(ペアーズ)でカップルになれない人の特徴

Pairs(ペアーズ)で恋人ができない人の特徴を見ていきましょう。

厳しく聞こえるかもしれませんが、恋人ができない原因はアプリではなく、あなた自身にあることがほとんどです。

しかし、裏を返せば、原因を特定して改善すれば誰でもカップルになれる可能性があるということ。

自分自身の現状と照らし合わせながら、特徴を確認してみてください。

恋人ができない人の特徴は、主に以下の4つです。

・アプローチ量が少ない
・プロフィール写真が微妙
・理想が高すぎる¥
・自分に自信がない

順番に見ていきましょう。

特徴① アプローチ量が少ない

1人の相手に固執してしまったり、自分から全然いいねを送っていなかったりする人は、恋人を作るのは難しいです。

マッチングアプリは、多くの異性にアプローチできるのが魅力です。

そのメリットを活かして、できるだけ多くのユーザーとやりとりを重ねていくのが、正しいアプリの使い方だといえるでしょう。

コツは、異性のストライクゾーンを少しだけ広げてみること。

好みと少しズレていたとしても、実際に会ってみたらかなり相性のいい人だった、ということもよくあります。

アプローチは、質よりも量です。たくさんの人との出会いを通して、自分を磨いていきましょう。

特徴② プロフィール写真が微妙

プロフィール写真は、徹底的にこだわって作成しましょう。

プロフィール写真は、Pairs(ペアーズ)において最重要の要素だといっても過言ではありません。

なぜなら、写真が微妙だと、プロフィール文を読んでもらうことすらできないからです。

これは外見の良し悪しではなく、あくまで写真のクオリティーの問題なので、いくらでも改善できます。

友人にお願いして写真を撮ってもらったり、プロのカメラマンに撮影してもらったりして、最高の一枚を用意しましょう。

特徴③ 理想が高すぎる

相手の理想が高すぎるのも、なかなかカップルになれない人の特徴です。

この傾向は特に、恋愛経験が少ない人に多く見られます。

相手を必要以上に厳しい目で見てしまっていませんか?

もちろん、理想的な人と出会いたいのは当然ですが、大抵「理想の人」と「好きになる人」は違うものです。

特徴④ 自分に自信がない

自分に自信がなさすぎると、相手からの印象が下がってしまうのはもちろん、恋愛において必要以上に精神をすり減らしてしまいます。

ポイントは、自信を持つふりをするだけでいいということ。

特に男性は、デートの行き先や予定などを自分から積極的に提案して、相手をリードしてあげましょう。

また、自分磨きをすることで自信を高められます。ダイエットをしたり、好きなことに全力で取り組んだりして、自分の魅力を最大限まで引き上げる努力をしましょう。

Pairs(ペアーズ)でカップルになるための3STEP

Pairs(ペアーズ)でカップルになるためのステップを、以下の3つに分けて解説していきます。

STEP1 プロフィール設定
STEP2 アプローチ
STEP3 デート

STEP1 プロフィール設定

ペアーズで異性とやりとりをするためには、相手とマッチングする必要があります。

そして、マッチングの成功率を高める最重要要素が「プロフィール設定」です。

なぜなら、プロフィールは自分をアピールできる唯一の場所だから。写真と文章だけで、会ったことのない人に自分の魅力を最大限伝えなければいけません。

ぜひ本項を参考に、効果的なプロフィールを作ってみてください。

① プロフィール写真は徹底的にこだわる

前述の通り、プロフィール写真はとても重要です。徹底的にこだわりましょう。

おすすめは、以下のような写真です。

・自然の中で撮った写真
・動物とのツーショット
・友人と撮影した写真

清潔感のあり、相手に好印象を与えるような写真を目指しましょう。

② プロフィール文は網羅的に

プロフィール文は、読んだだけで相手が人物像をイメージできるようなものを目指しましょう。

時々3~4行程度しか書かれていないプロフィール文がありますが、これでは相手に何も伝わりません。また、「この人は真面目に恋愛する気がないんだな」と思われてしまう可能性もあります。

たとえば、基本情報に加えて、職業やよく遊ぶ場所、理想の相手の特徴などを書くと良いでしょう。

STEP2 アプローチ

気になる人とマッチングしたら、次にやるべきことはアプローチです。

しかし、「アプローチが一番苦手」という人も多いのではないでしょうか。

実は、ちょっとしたことを意識するだけで、アプローチの質は劇的に向上します。

ぜひ参考にしてみてください。

① メッセージは「質問+感想」で返す

アプローチが苦手な人の多くは、「メッセージのやりとりが全然続かない」という悩みを持っています。

メッセージを続けるコツは、「質問+感想」で返信するということ。

質問は返信しやすいので、メッセージが続きやすくなります。そこに自分の感想を混ぜることで、メッセージに会話っぽさが生まれます。

淡々と質問を送り続けると、「なんか面接を受けているみたい」と感じられてしまう可能性も。そこで自分の感想を混ぜることで、会話が膨らみやすくなるのです。

たとえば、以下のような会話が効果的です。

「好きな食べ物とかってある?」
「パンケーキが好きだよ!」
「そうなんだ!俺も甘いもの好きなんだよね。おすすめのお店とかってあるの?」

② 1~2週間のうちにデートのアポを取る

デートに誘うまでに、時間をかけすぎないように心がけましょう。

特に女性は、常に複数の男性とやりとりを重ねています。メッセージは基本的に面倒なものなので、時間をかけすぎてしまうとやりとりを切られてしまう可能性が高いです。

ポイントは、ある程度会話が盛り上がった段階で思い切ってデートに誘ってしまうこと。「まだ早いかな?」と思うくらいのタイミングがちょうどいい、と考えましょう。

STEP3 デート

デートで一番大切なのは「楽しむこと」ですが、それだけだと不安な人もいるでしょう。

デートにおいて意識してほしいことはただ一つ。

それは、「必ず恋愛の話をする」ということです。

恋愛の話は、相手はあなたを異性として意識するきっかけになります。あなたといるところを想像したり、将来のことをイメージさせるためには、恋愛の話をすることが必須だといえるでしょう。

しかし、最初のデートから踏み込みすぎてしまうのはNG。好きなタイプの話など、ソフトな話題にとどめておきましょう。

Pairs(ペアーズ)を使いこなしてカップルになろう

ここまで、Pairs(ペアーズ)で恋人ができない人の特徴や改善のヒントなどを紹介してきました。

ペアーズは、とても優秀なマッチングアプリです。

そのため、正しく使いこなせば、誰でも恋人を作ることができるでしょう。

この記事を参考に、自分の恋愛を今一度見直してみてください。あなたの恋愛が成功することを願っています。