ペアーズ(Pairs)の本人確認は必須!理由と必要な書類を紹介

公開日:

マリッシュでの身バレ防止方法は?

ペアーズ(Pairs)に登録したけど、本人確認は必須なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、ペアーズでは本人確認が必須。

そして本人確認は2ステップあり、他人の身分証明書での登録や年齢詐称による性犯罪を徹底的に防止しています。

だからこそ、安心して出会えます。

本記事では、ペアーズで本人確認が必須な理由と本人確認に使える身分証明書について紹介します。

ペアーズで本人確認が必須な理由

冒頭でも紹介したように、ペアーズでは本人確認が必須です。

本人確認なしでも登録自体はできますが、男女問わずにメッセージを送れないように設定されています。

ペアーズに限らず、マッチングアプリの運営会社は「インターネット異性紹介事業すること」を届出し、許可をもらわないといけません。

そして、「インターネット異性紹介事業」が承認されるには、以下のことを義務付けることに同意する必要があります。

  • 利用者が18歳未満であることを確認する
  • 利用者による禁止行為(18歳未満を誘うコメントなど)を削除する

つまり、18歳未満は利用できませんし、18歳未満と出会おうとする行為も禁止。

事件の温床にならないよう、18歳未満が登録していないかどうかを判断するために、ペアーズでは身分証明書を使った年齢確認を行っています。

とはいえ、18歳未満の人が親の運転免許証を使って登録するなど、本人ではない人が登録するケースもゼロではありません。

17歳の少女が「成人」と年齢を偽って、酒を飲んだり深夜に遊んだりして逮捕されるニュースもみたことありますよね。

このとき、相手が嘘をついていたとしても、あなたが「犯罪者扱い」されてしまいます。

ペアーズではこのことを防ぐために、顔写真を使って認証する「本人確認」も行っており、本人確認が完了している人はプロフィールで一目でわかるようになっています。

本人確認のおかげで、犯罪に巻き込まれる心配がなく出会うことができるんですね。

ペアーズの本人確認2ステップ

ペアーズの本人確認には、以下の2ステップがあります。

  • 年齢確認
  • 本人確認

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

ステップ①:年齢確認

最初に「年齢確認」です。

年齢確認の書類は『生年月日が記載されている公的証明書』であれば問題ありません。

具体的には、以下のような証明書がステップ①で使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • その他公の機関が発行した資格証明書

ただし、海外のパスポートを使う人は署名欄の確認が必要で、健康保険証を使う人は記号と番号、保険者番号のマスキングが必要です。

めんどくさいと感じる人は、他の証明書を提出するようにしましょう。

また、以下の証明書は利用できませんので、注意してくださいね。

  • 社員証
  • 学生証
  • マイナンバー通知カード
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 仮免許証
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証

また、意外かもしれませんが、ペアーズでは年齢確認まで完了すると以下の機能が使えるようになります。

  • 異性とのメッセージのやり取り(男性は有料会員登録が必須)
  • 異性がもらった「いいね!」数の確認
  • 6人以上の足あとの閲覧

最低限、年齢確認を済ませておけば出会えてしまいます。

ステップ②:本人確認

次に「本人確認」です。

本人確認をすることで、プロフィール上に「本人確認バッジ」が表示されますので、あなたのプロフィールを見た相手が安心してやり取りできます。

特に女性は警戒心が強い人が多いですので、男性はぜひ本人確認まで済ませておきたいところ。

そんな本人確認ですが、以下の4つの書類以外は使用できません。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • パスポート(日本国で2020年2月以前に発行されたもののみ)

ただし、共通の知人もおらず、お互いの顔もわからないマッチングアプリだからこそ安心感は重要です。

できれば、ステップ②まで済ませるようにしましょう。

ペアーズの本人確認、個人情報は大丈夫?

ペアーズの本人確認で気になることといえば「個人情報の管理」でしょう。

2021年に、別の大手マッチングアプリから個人情報が漏えいしたというニュースも記憶に新しいはず。

結論から言いますと、ペアーズの個人情報の管理は堅く、漏えいする心配はありません。

なぜなら、個人情報の取り扱い方を「TRUSTe」にチェックしてもらっているから。

TRUSTeは一般社団法人日本プライバシー認証機構(JPAC)が提供しており、朝日新聞やアクサダイレクト、タワーレコードなどの大手を筆頭としたクライアントを多数抱えています。

さらには日本国内だけではなく、海外にもクライアントがいることも、とても信頼性の高いサービスな証拠。

個人情報の漏えいリスクは極めて低いですので、安心して登録しましょう。

まとめ:ペアーズで本人確認があるのは、安全な証拠!

本記事では、ペアーズの本人確認について紹介しました。

ペアーズの本人確認は、犯罪を防ぐためには欠かせないもの。

特に未成年が絡んだトラブルに巻き込まれると、最悪逮捕される恐れがあります。

「安心して素敵な異性を見つけるための本人確認」だと考えておきましょう。

また、ペアーズの本人確認は2ステップあり、メッセージをやり取りするには最低でも年齢確認が必要です。

ただし、本人確認まで済ませて「本人確認バッジ」をもらうと、相手に安心感を与えられます。

特に男性は、本人確認まで済ませるようにしましょう。

本記事が、ペアーズの本人確認が気になるあなたにとって、参考になれば幸いです。