【悪用厳禁】女子が解説!ペアーズ女性のワンナイトOKサインはコレ!

公開日:

マッチングアプリ「ペアーズ」ですが、基本的には真剣な恋活・婚活目的の女性がほとんど。

しかし!SNSには「ペアーズでワンナイトできた」という報告がたくさん上がっているのも事実。

ということは、真面目なフリをしたワンナイトOK女子が一定数いるんです!

この記事では、ペアーズ経験者である筆者(女性)が「ワンナイトOK女子」の特徴と、わかりやすいOKサインをお教えしちゃいます!マジで悪用厳禁ですよ?!

ワンナイトOK女子がペアーズを使う理由

なぜワンナイトOK女子がペアーズを使うのか、次の3つのポイントにまとめました。

これを押さえておくことで、どういった心理で女性がペアーズを使っているのか理解できますよ。

①恋活や婚活へのシフトできるから
②出会い系アプリと違い、男性にモラルがある
③プライドを守れる!

詳しく見ていきましょう!

①恋活や婚活へシフトできるから

最初から、男性とワンナイトだけする気満々の女性は、残念ながら(?)ペアーズにはほとんどいません。

ですが、ペアーズを使う理由の大きな理由のひとつは、恋愛に発展してもいい男性を探していて、その中でワンナイトがあってもOKだと考えているから。

ワンナイトOKだとしても「どうしてペアーズをしてるの?」と聞かれた時に「恋活中だから!」と言い訳できるからですね。

これは結構重要なポイント!

女性は、言い訳や逃げ道があると安心する生き物です。

もし素敵な男性に知り合った場合は、しれっと真剣な恋活にシフトすればいいだけなので、一石二鳥というわけです!

②遊び系アプリと違い、男性にモラルがあるから

中にはハイスぺ男性が紛れてることもあって、マッチングアプリの中でも質のいい出会いが期待できるのがペアーズのいいところ。

アプリの種類によって、ユーザーやサイトの雰囲気はかなり違いますよね。

遊びメインの出会い系アプリだと、全体的にユーザーの質やモラルも下がります。

女性は、下品でヤリモク感満載な男性よりも、紳士的に優しく接してくれる男性のほうが絶対にいいんです!

もし「やれる女性と会いたい」というゲスさがあっても、それは出さないようにしていてください(笑)

ペアーズで下品なヤリモク感を出したら速攻で嫌われますからね!

③プライドを守れるから!

もし、万が一知り合いに顔バレや身バレをしたとしても、遊び目的のアプリよりも、ペアーズのほうが言い訳ができるためプライドを守れます。

また、いいと思う男性がいても、最初からワンナイトだけの目的では会いたがらない女性がほとんどです。

なぜなら「(ワンナイトありでもOKだけど)きちんとデートして口説いて欲しい」というという気持ちが強いから。

ですが「ワンナイトありでもOKです」なんて恥ずかしくて言えないですよね(笑)この点でも、女性側はプライドを守れるので安心なんです。

ペアーズにいるワンナイトOKな女子の特徴

すべて当てはまればOKということではありませんが、次のような特徴があればワンナイトOKである可能性が他の女性よりも高めです!

①プロフィール:押しに弱いタイプ
②コミュニティ:構ってちゃんを狙う
③いいね数:人気女性は可能性が低め
④メッセージ:回数が多いほど確率アップ

では行ってみましょう!

①プロフィール:押しに弱いタイプ

プロフィールに「寂しい」「構って」「気軽にいいねください」などとあったら、ガードが固くないので狙い目(笑)

押しに弱いタイプの女性はこんな感じの書き方していることが多いです。

また「年齢が若い女性を狙う」という男性もいるようですが、年齢はそんなに関係ないように思います。

女性の年齢による傾向はありますが、もともと持っているその人の性格のほうが大きく影響します。

「露出高めの洋服や、水着写真をあげている女性はやれる」という男性側の視点があるようですが、間違いではないです(笑)

また、プロフィールに「本気の婚活中です!」とか「遊び目的の方はお断りです」などと書いてある女性に、ワンナイト目的で近づくのはやめたほうがいいでしょう。

めちゃくちゃ嫌われて通報されて終わりです(笑)

②コミュニティ:構ってちゃんを狙う

ペアーズに数あるコミュニティの中で、ワンナイトOK女子が入っている率の高いコミュニティがいくつかあります。例えば…

・マッチング後、LINE交換OK
・実は寂しがり屋
・好きな人とのイチャイチャが好き
・一緒に呑みに行けるお酒好きな人がいい

このあたりだと、参加人数も多く、共通点も探しやすいですよね!

即LINEして呑みデートに誘ってイチャイチャできるかもしれません(笑)

③いいね数:人気女性は可能性が低め

ペアーズでいいねをたくさんもらっている女性は、ぶっちゃけ目が肥えています(笑)

男性を選べる立場にあるため、受け取るメッセージやタイミングは当然のこと、男性のスペックにもシビアになります。

たくさん来ているいいねの中から勝ち抜かなければいけないので、メッセージも相手女性に刺さるものを考えたり、趣味や話を合わせる必要があります。

真面目な雰囲気や相手女性へ興味や思いやりの点で、ワンナイト目的の男性は、真剣に婚活をしている男性にはどうやっても勝てません!

この部分の違いを、人気女性なら敏感に感じ取れます。

あまりいいねをもらっていない女性のほうが、マッチングや返信の確率が高いことは確かですよ。

④メッセージ:回数が多いほど確率アップ

「会うまでLINEは教えたくない!」という慎重な女性を避ければ、自然とLINEに移ることはできると思います。

寂しがりで構ってちゃんな女性ほどLINEをしたがるはず。

かけられる時間やメッセージの量も個人差はあると思いますが、相手とのやりとりが多ければ多いほど成功確率はアップしていきます。

返信していないのに、催促するようなメッセージが来たり、新しい話題を振ってきたりする女性は、かなりあなたに好感を持っているということ。いい関係が築けているサインかもしれません。

経験値が高く恋愛上手な女性であれば、短いスパンで相手にメッセージの催促はしないことが多いです(笑)

ペアーズにいるワンナイト女子のOKサインはコレ!

具体的に、女性が出すワンナイトOKのサインは次の3つの状況とポイントをチェックしてみてください!

①軽い下ネタを振ってみたときの反応
②女性が「寂しい」「会いたい」など甘えてくる
③実際のデートをしたときの距離

順番に解説していきますね。

①軽い下ネタを振ってみたときの反応

最初から下ネタ(好きな体位や、最近いつヤッたか…など)と聞くのはよくないです。

相手のテンションが上がっていないのに下ネタから入ってしまうと「空気が読めない失礼なヤツ」という認定をされて嫌われます。

打ち解けたと思ったら、恋愛の話からスタートするのがベターです。

そこから「イチャイチャしたい方?」「手つなぐのは好きなの?」「一緒にお風呂入る派?」などの話から持っていき、同意と共感をしながら反応を探ってください。

あまり深く下ネタに走りすぎるとハイリスクハイリターンになるので、相手の反応をよく見てほどほどにしておきましょう。

「この人なんかエロい話ばっかりで嫌だな」と思われては元も子もないですからね(笑)

②女性が「寂しい」「会いたい」など甘えてくる

これは可能性がグッと高くなります!ここまで言わせたらあなたの勝ち(笑)

かなりあなたに心を許しているサインです。

女性のタイプにもよりますが、よっぽど良いと思っていて甘えられる男性にしか言いません。(逆に誰にでも言っているかの二極。笑)

また「会いたい」は、どうでもいい男性には言わないキーワード。

会っている時に「私寂しいの」などと言われたりしたら、さらに期待度はアップ!

もう「誘って」と言っているようなものです(笑)

③実際のデートをしたときの距離

いきなり手を繋いだり、肩を抱いたりするのはハードルが高いので、もしできそうなら次の2つを試してみてください。

・隣で歩いてる時に、軽く手(手の甲とか)を当てる
・お店で座っている時に、ひざやつま先をさりげなく当てる(優しくね)

これは女性側が「あなたとワンナイトは無いかも」なら、スッと触れられているのをやめます。

ワンナイトが嫌じゃなければ、そのままその状態をキープしてくれるはず。会っている最中の盛り上がりの度合いにもよるので、OKサインの目安程度にしてくださいね!

ホテルに誘うのも、堂々としていてくれたほうが女子的には助かります(笑)

ここでも大事なのが「言い訳と逃げ道」!

「静かなところで2人で飲みなおしたいから」「人目を気にしないで一緒にDVD観たい」「もう少し一緒に居たい」と、シンプルでいいんです。

何も言わないでホテルに連れ込むのは「言い訳と逃げ道」がなくなってしまい、あまり得策とは言えないので、覚えておいてくださいね!

【まとめ】注意点に気をつけながらワンナイト女性を見つけよう!

ペアーズでワンナイトできた声があるとはいえ、恋活が前提にある女性がほとんど。

タイトルに書いた通り、本当に悪用厳禁でお願いします(笑)

絶対に恋愛ナシでワンナイトだけしたいという男性は、ぶっちゃけペアーズは利用しないで欲しいです(笑)

真剣に恋活している女性を騙したり傷つけるようなことだけはやめましょうね。

やり逃げ行為や合意のないワンナイトは厳禁ですが(犯罪です!)、どんな出会いが待っているかわからないのがペアーズのいいところ。

男女間でのマナーやルールを守って、素敵な出会いをゲットしてくださいね。