【ペアーズ攻略のカギ】オンライン表示の仕組みを徹底解説!

数あるマッチングアプリの中でも、若い世代に人気のペアーズ。

より良い相手を見つけるためにも注目したいのがオンライン表示です。

オンライン表示について理解を深めることによってペアーズで他のユーザーとの差別化を図っていきましょう。

ペアーズのログイン方法とオンライン表示の関係性

ペアーズのログイン方法は「Facebookアカウント、携帯電話番号、メールアドレス」と全部で3種類。

どの方法でログインしても問題ありませんが、ペアーズはパソコン版ではメールアドレスによる登録ができないという特徴がありますので注意が必要です。

ログインを完了させるとオンライン表示が有効になり、ペアーズにログインしたリアルタイムの状態を表し、他のユーザーからチェックできる状態になります。

ペアーズの利用頻度やメッセージをやりとりする際に目につくオンライン表示は、相手との関係性を構築する上でカギになりますので、この機に理解を深めていきましょう。

オンライン表示を理解することで得られる3つのメリット

マッチングアプリを使い慣れている方は特に、オンライン表示に注目しているケースが多いです。

メッセージ機能を使って異性とコミュニケーションを取ることが必要になるペアーズでは、相手がペアーズにログインしていなければメッセージを受信できません。

そのため、オンライン表示をヒントに相手のペアーズ利用状況を察知したり、自身のオンライン表示をコントロールすることで相手の印象を操作することも可能となります。

メリット①:色を見るだけで相手の状況を把握できる

オンライン表示の状態を示す色は、全部で3つありますので把握しておくと便利です。

・リアルタイムでログインしていることを示す緑色

・24時間以内にログインしていたことを示す黄色

・3日~3か月以上前にログインしていたことを示す灰色

相手のプロフィール画面を見て、色を判断することによってリアルタイムでログインしているのか、前回のログインした時間を瞬時に把握できますので注目してみましょう。

自身のプロフィール画面においてもペアーズに24時間以上ログインしなければ灰色に変化しますので、長期間灰色の状態になってしまわないように心がけることも大切です。

メリット②:「いいね!」を貰いやすい

ペアーズに慣れているユーザーは、オンライン表示を観たうえで「いいね!」を押すという方も多いです。

3日以上ログインしておらず灰色になっていれば、ペアーズを使ってないと判断されてしまうケースもあります。

逆に、オンライン表示が緑になっているユーザーはリアルタイムで使っているので、「いいね!」を送ってみようかなと有利に働きます。

仕事の休憩時間やランチタイムに少しだけペアーズを開いてみるというだけでも、オンライン表示の色は更新されていきますので、短時間であっても頻繁にログインすると良いでしょう。

メリット③:本気度を伝えれる

年齢層が若く、イケメン・美女が多いと言われているペアーズですが、気軽に合いたいという方も多いため、オンライン表示の状態はカギと言われています。

相手が興味を惹くプロフィールであっても、灰色の状態が長期間続いてしまうと、いいねやメッセージをもらうことは段々と厳しくなっていきますので、最低でも黄色をキープするような利用を心がけることが大切です。

リアルタイムで利用している緑色から、24時間以内の黄色に変わるタイミングは、パソコン版ではブラウザを閉じたとき、スマートフォンのアプリ版ではバックグラウンド状態に変わったときです。

オンライン表示で押さえておくべき3つのポイント

オンライン表示を示す色と同様に、押さえておくべきポイントは3つあります。

特にメッセージをやりとりする相手との関係性に直結するものもありますので、把握しておく必要があるでしょう。

ポイント①:相手がペアーズを使っている頻度が分かる

緑色>黄色>灰色と視覚情報で簡単に利用頻度が分かるオンライン表示の状態は相手の印象にも直結する可能性があります。

気になる相手のプロフィールは複数回チェックするというケースが多いため、2回目3回目と訪問したときに、常に灰色になっていれば接触を避けられることもあるでしょう。

オンライン表示の状態は、ペアーズの利用頻度が一目瞭然で分かってしまうということを理解しておきましょう。

ポイント②:メッセージを2往復したら相手のオンライン状態は消える

ペアーズではマッチング後に、メッセージを2往復以上するとオンライン表示の状態が表示されなくなるという仕組みになっています。

これは、緑色の状態になっているのにメッセージをもらえない、いわゆる既読スルーが表面化されることを避けるための機能す。

いきなりオンライン表示の状態が出てこなくなったからと言って相手がブロックや退会をしているわけではありませんので驚かないようにしましょう。

ポイント③:メッセージを送っただけではオンライン状態は消えない

オンライン表示の状態は一方的に2通以上メッセージを送ったからといって消えるわけではありませんので、注意が必要です。

あくまでも相手からの返事を含めて2往復となりますので、オンライン表示を消したいからといってメッセージを連投してはいけないということを覚えておきましょう。 

オンライン表示について知っておくべき3つの注意事項

ペアーズを攻略する上でカギになるオンライン表示ですが、いくつか注意しなければいけない事項もあります。

・メッセージを放置していることがバレてしまう 

・マッチングしたあとでも他の人からはオンライン表示が見える

・オンライン表示を維持しすぎると機械的な印象になってしまう

大きく分けてこれら3つが注意点となっていますので、詳しく見ていきましょう。

注意①:メッセージを放置していることがバレる可能性がある

せっかくマッチングをしてメッセージをやりとりしても、2往復以上のメッセージでなければオンライン表示の状態が消えることはありません。

いつ見ても緑色になっているのに、メッセージの返信が無いと思われてしまう可能性がありますので注意が必要です。

注意②:マッチングしたあとでも他の人からはオンライン表示は見える

マッチングして2往復以上のメッセージをやりとりしていると、相手から見た時にオンライン表示の状態は消えます。

ただし、これは自分と相手だけとのやり取りであって、他のユーザーからはオンライン表示の状態は丸見えであるということを忘れてはいけません。

相手が新しいアカウントを作っていたり、友達のペアーズの画面から見てしまうのです。

既読スルーしているのでは、私に興味が無いのでは、と疑われる可能性がでてきます。 

注意③:オンライン状態を維持しすぎると機械的な印象を与えてしまう

パソコン版ではブラウザを閉じたとき、スマートフォンのアプリ版ではバックグラウンド状態に変わったときに、リアルタイムで利用している緑色から、24時間以内の黄色に変わるタイミングとなります。

パソコン、スマートフォンどちらもペアーズを閉じてから5分~10分程度と言われていて、リアルタイムで長時間ペアーズを開いている方は珍しいとも言えます。

そのため、常に緑色になっているとサクラや業者ではないかと、疑いがかかってしまう恐れがありますので、緑色と黄色が半々になるぐらいにオンライン表示の状態を維持するのが理想的です。

ペアーズのオンライン表示をうまく活用しよう

ペアーズのオンライン表示について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

緑色、黄色、灰色と3種類に注目することによって、相手のログイン状況を把握できるだけでなく、自身のプロフィール画面の印象もコントロール可能です。

リアルタイムでログインしている緑色と、24時間以内ログインを示す黄色をキープすることがペアーズ攻略のカギです。