ペアーズの電話機能とは?【使い方・注意点・コツを徹底解説】

【徹底解説】ペアーズ(Pairs)の電話機能とは?l使い方・注意点・コツ

ペアーズの電話機能「ビデオデート」がどういったものなのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

ペアーズの電話機能は、今のご時世で恋人を作るためには欠かせません。

また、電話機能を使うことでオフラインでのデートを成功させやすくなり、特に男性陣は頭に入れておきたいところ。

この記事では、ペアーズの電話機能の基本や注意点、誘い方、成功させるコツまで徹底解説します。

ペアーズの電話機能「ビデオデート」の使い方

Pairsの電話機能「ビデオデート」の使い方

早速ですが、ペアーズの通話機能「ビデオデート」の使い方から紹介します。

①:相手のプロフィールから「通話ボタン」を開く

「ビデオデート」の利用時には通話する相手とのメッセージ画面に移動して、画面右上に 「ビデオマーク」を押してください。

すると「ビデオデートのエチケット」という画面が出てきます。

内容を確認して「次へ」というボタンを押しましょう。

②:ビデオ通話、音声のみの通話のどちらかを選ぶ

「ビデオデートを開始する」ボタンの下にビデオのオンオフを選ぶところがあります。

事前にどちらにするか、お相手と相談しておきましょう。

ビデオのオンオフを選んだら、「ビデオデートを開始する」をタップしてください。

③:相手の応答を待つ

ビデオデートをする相手が通話に応答すれば、そこから会話できます。

楽しい会話をして、相手女性と良い関係を構築しましょう。

ペアーズの公式サイトにも紹介されていますので、気になった方は合わせて読んでみてください。

ペアーズの電話機能「ビデオデート」における注意点

ペアーズの電話機能「ビデオデート」における注意点

 一方で、ペアーズの電話機能「ビデオデート」は簡単に使うことができますが、注意点もあります。

以下の6つについて解説していきますね。

  • マッチングした相手としか使えない
  • ブラウザ版では使えない
  • メッセージを3往復しないと使えない
  • 利用時間に制限がある
  • バーチャル背景も視野に
  • 通話中のスクリーンショットは厳禁

 注意点①:マッチングした相手としか使えない

そもそも、ビデオデートはマッチングした相手でないと使えません。

まずは、マッチングするようにプロフィールを作りこんで、メッセージでの会話を楽しみましょう。

注意点②:ブラウザ版では使えない

2つ目は「ブラウザ版では使えない」ことです。

ペアーズを楽しむにはブラウザ、アプリの2つの方法がありますが、「ビデオデート」が利用できるのはアプリだけ。

「ビデオデートしよう!」という話になったら、あらかじめアプリをインストールしておきましょう。

注意点③:メッセージを3往復しないと使えない

先ほど、「ビデオデート」はマッチングした女性と使えると書きましたが、誰でも使えるわけではありません。

「ビデオデート」を使える相手は『3往復メッセージを交わした人』とだけ使えます。

それだけでなく、そもそもある程度メッセージで仲良くならないと、電話機能を使おうと誘っても断られる可能性大。

まずは、メッセージで仲良くなることに集中しましょう。

注意点④:利用時間に制限がある

4つ目は「利用時間が制限されている」です。

「ビデオデート」には以下のような通話時間の制限があります。

  • 最初の通話 : 15分
  • 同じ相手と2回目以降の通話:60分
  • 1日の上限通話時間 : 3時間

つまり、電話機能を使っていると以下のような問題が。

  • 「ビデオデート」を最初利用して15分経つと自動的に切れる
  • 同じ相手と「ビデオデート」を再開したら1時間後に切れる
  • 以降同じことが繰り返される
  • 1日3時間以上は通話ができなくなる

正直、最初の15分は盛り上がりにくく、気まずい雰囲気で終わることも多かったです。

せめて30分はほしいな、と感じました。

ただし、同じお相手と別の日に通話をすると、時間制限がなくなるのでありがたいですね(他社のマッチングアプリではほとんどない)。

注意点⑤:バーチャル背景も視野に

5つ目は「バーチャル背景」です。

「オンライン飲み」をする場合はビデオ通話機能を使いますが、自分の部屋が汚いから見られたくないという方もいますよね。

そういう方は「バーチャル背景」という機能を使いましょう。

ペアーズ側が用意してくれている背景に変わった状態で写り、オンライン通話を楽しめます。

Zoomの背景機能と同じイメージですね。

注意点⑥:通話中のスクリーンショットは厳禁

6つ目は「通話中のスクリーンショット」です。

動画に映っている女性のスクリーンショットは禁止されています。

最悪の場合、利用停止になる可能性もありますので、スクリーンショットは絶対にやめましょう。

ペアーズの電話機能「ビデオデート」を使うべき理由

そんなペアーズの電話機能ですが、素敵な恋人を見つけたい人(特に男性)はぜひ活用したいところ。

この章では、積極的に活用したほうが良い理由を3つ紹介します。

理由①:雰囲気や相性が分かる

1つ目は「雰囲気や相性が事前に分かる」ことです。

自分に合わない人と会うのは、お金も時間も無駄なので避けたいですよね。

とはいえ、文字のやり取りだけでは、その人の雰囲気や自分との相性の良さを判断することは難しいでしょう。

そこで、電話機能を活用すると、相手の雰囲気や自分との相性の良さを事前に見極める事ができます。

相性がいい相手とだけデートしたいという方は、電話機能で話してみてから会いましょう。

理由②:LINEの交換がスムーズにできる

2つ目は「LINEの交換がスムーズにできる」ことです。

特に、女性はアプリで会った男性を警戒している人が多いもの(後ほど詳しく紹介)。

しかし、一度通話でコミュニケーションを取り仲良くなるとLINE交換がしやすくなるのでおすすめです。

理由③:女性の警戒心を解くことができる

3つ目は「女性の警戒心を解くことができる」ことで、男性陣は特によく読んでほしいです。

マッチングアプリを通じて女性と会っても、気まずい時間だけが過ぎ、打ち解けないまま解散するケースは多いです。

元々の相性もありますが、「男性に対する警戒心」によって会話が盛り上がりにくいのも1つの大きな原因。

通話により警戒心を解いておくことで、気まずい時間を過ごすことが減ります。

なかなか次につながらない、という男性は電話機能を積極的に活用しましょう。

その他の女性心理を詳しく知りたい人は、Pairs(ペアーズ)で付き合うためのポイントは?【恋人の作り方を徹底解説】という記事で紹介していますので、よかったら読んでみてくださいね。

ペアーズの電話機能「ビデオデート」への誘い方

ペアーズの電話機能「ビデオデート」への誘い方

ここまで読んで、ペアーズの電話機能「ビデオデート」の重要性がわかったのではないでしょうか。

この章からは、いよいよ実践編です。

誘い方から解説していきますね。

①:メッセージで会話を弾ませる

まずは、メッセージでの会話を楽しみましょう。

先ほど書いたように、メッセージを3往復してはじめて、電話機能が使えるようになります。

そして何より、メッセージが盛り上がらないと、相手もあなたと実際に話してみたいと思いません。

マッチングしたら、まずはメッセージでお互いのことを知りましょう。

②:会話の流れから食事に誘う

2つ目は「会話の流れから食事に誘う」ことです。

会話の流れから食事に誘うことはごく自然ですし、会わないことには恋も始まらないのである程度メッセージを楽しんだ段階で打診しましょう。

ただし、緊急事態宣言の対象地域だった場合は「緊急事態宣言がなかったらご飯でも行きたかったですね」と軽く提案することがおすすめ。

価値観は人それぞれなので、地雷を踏んでしまう可能性もありますからね。

以下のような会話だと、デートに誘いやすいので参考にして下さい。

POINT
  • お酒はよく飲むのか?
  • どんなお店に行くのか?
  • どのあたりのお店で飲むのか?
  • 自分の好きな、知ってる店の紹介(店名は伏せる)
  • 良かったら一緒に行きませんか?

 ③:会う前にビデオデートに誘う

3つ目は「会う前にビデオデートに誘う」ことで、特に男性陣は覚えておきたいところ。

先ほども紹介したように、女性は警戒心が強いので「会う前に電話かオンラインで話しませんか?」と誘い、緊張感をほぐしましょう。

ただし、通話やオンラインでの会話が嫌いな女性もいるので、無理強いをしてはいけません。

とはいえ、女性としても対面以外で一度でも話したほうが安心できるため、OKしてくれることが多いです。

また、女性から「通話しませんか?」というケースもあります。

気になる男性がいるけどなかなか進展しない人は、自分から誘うのもありですよ!

ペアーズの電話機能「ビデオデート」を成功させるコツ

ペアーズの電話機能「ビデオデート」を成功させるコツ

最後に、ペアーズの通話機能「ビデオデート」を成功させるコツについて紹介します。

ビデオデートを盛り上げて、素敵な出会いにつなげましょう。

コツ①:日時を決める

意外と多いですが「今からいける?」という人ですが、これはご法度です。

逆に、何の前触れもなしに相手から「ビデオデート」の通知が来たら、間違いなく戸惑いますよね。

ビデオデートに誘うときは、ご飯と一緒で日時を決めておくことが好印象ですよ。

コツ②:オンライン飲み会を提案する

2つ目は「オンライン飲み会を提案する」ことです。

通話はシラフでもいいですが、もし相手がお酒好きな人だった場合は「お酒あり」にすることがおすすめ。

お酒の力を借りてある程度ぶっちゃけた話ができれば、心の距離が縮まりやすいからね。

ただし、お酒を相手に強要したり、飲みすぎて潰れたりするとマイナスの印象を与えるので注意しましょう。

コツ③:話題を紙に書く

3つ目は「話題を紙に書く」ことです。

ご飯に行ったときもそうですが、「話すネタが無くなって無言の時間が続く」というのは最悪です。

特にオンライン通話だと話題を見つけにくいこともあり、沈黙になりやすいですからね。

最悪の場合、会う約束が無くなってしまうことも。

悲しい事態を防ぐためには、相手女性の趣味等の情報をまとめ、そのメモを見ながら話をすることがおすすめ。

ただし、「1つ質問して相手が答えたら次の質問をする」といった『就活の面接』にならないように注意しましょう。

あくまで、会話を楽しむ「雑談」ですからね。

コツ④:最初の15分間はちょっとした世間話をする

4つ目は「最初の15分の使い方」です。

1回目のビデオデートだと15分で自動的に切られてしまいますので、こみ入った話は正直難しいです。

その間にやっておきたいのは「場を温める」こと。

特に、ちょっとした世間話だと「何の話してたっけ?」とならなくて済むのでおすすめ。

そして、通話が自動で切れる前に「もうすぐ切れるので掛け直しますね」と言っておきましょう。

 コツ⑤:長くても1時間程度に抑える

5つ目は「通話時間」です。

通話が盛り上がるとついつい楽しくなって、何時間も話してしまう人もいますが、電話は長くても1時間程度に留めましょう。

なぜなら、あまり長く話をし過ぎると当日の話のネタが尽きてしまい、デートでの会話が盛り上がらなくなるからです。

少し話し足りないくらいが、相手のことを気にさせるコツですよ。

残りの楽しみは、デートに取っておきましょうね。

まとめ:ペアーズで出会うなら電話機能「ビデオデート」を積極的に使おう

まとめ:ペアーズで出会うなら電話機能「ビデオデート」を積極的に使おう

この記事では、ペアーズの通話機能「オンラインデート」について徹底解説しました。

ペアーズの通話機能はとてもよくできていて、コツをつかめばオフラインでのデートをより成功させることができます。

特に、女性は「会う前に電話したほうが安心する」という人も多いので、男性陣が電話機能を有効活用しない手はないですよね。

上手に活用して、素敵な相手を見つけましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。