タップルの年齢層は20代が7割【男女別で実態を徹底解説】

タップルの年齢層は低い?全体・男性・女性に分けて裏側を徹底解説

「タップルを利用している人の主な年齢層が知りたい」
「男女別の割合を把握しておきたい」
「タップルの年齢はどのくらい信頼できるのかも理解したい」

など、年齢層について気になる方も多いのではないでしょうか。

実際、ユーザー年齢をアプリの選択基準にする人も多数見受けられます。

出会いたい年齢層が集中しているアプリで意中のお相手を見つけたいはず。

そのため、どんな世代が登録しているかを知れば、条件に合った異性に巡り合えるかもしれませんよ。

今回はそんなタップルの年齢層について徹底解説します。

ぜひ最後まで読み、素敵なパートナーを見つけていきましょう!

タップルについておさらいしたい方はこちらの記事がおすすめです↓
マッチングアプリのタップルとは?特徴や出会うまでのステップをまるっと解説

タップルユーザーの年齢層

タップルユーザーの年齢層

ここからはタップルユーザーの年齢層を以下に分けて解説していきます。

・全体
・男性
・女性

次から順番に見ていきましょう!

タップル全体の年齢層

はじめに全体の年齢層を見ていきましょう。

全体の年齢層を調べてみた結果、20代が全体の約7割を占める結果が出ました。

20代前半が38%、20代後半が31%程です。

そして30代は約19%、40代は8%未満、そして50代以上は4%程でした。

体感的には実際のデータ以上に「20代以上、ほぼいなくない?」という感じが強かったです。50代を見つけた時はすごいレア感がありました。

実際の割合以上に20代が多く感じるのは、おそらく20代が気軽に「いいかも」を送っているからでしょう。

20代は足跡をつけると相手からアプローチしてくれる人も比較的多いです。

タップル全体の年齢層は20代が7割であるものの、実際にやりとりする年齢層で考えると更に20代の割合が増える感じですね。

やはり「恋活アプリのタップル」と言われるだけあり、若年層が多いのは予想通りでした。

タップル男性の年齢層

次に男性会員の年齢層についてです。

男性に限定すると20代の割合は少しだけ下がり、全体の65%程となりました。

下がったとはいえ65%はかなり高い割合なので、男性も主たる利用年代は20代だと分かりますね。

具体的には20代前半が34%、20代後半が31%程でした。30代は約23%、40代は7%未満、50代以上は5%程です。

30代の割合が全体よりも少し多いことから、利用者の割合が全体的に2,3歳上がったと考えると良いでしょう。

そして男性も、体感的には20代の割合はもっと高く感じました。

40代や50代の利用者は中々出会えないので、登録したもののすぐに利用をやめてしまった方も多いのだと推測できますね。

男性との出会いを求める女性の場合「ほとんどが20代、たまに30代がいて、稀にそれ以上の人もいる」といった感じになるでしょう。

タップル女性の年齢層

そして最後が女性の年齢層です。

女性ユーザー20代の割合は男性よりも10%高く、約75%でした。

全体に比べて20代男性の割合が低かったのですから、女性の割合は高くなって当然ですよね。予想通りの結果となりました。

正確には、20代前半が39%、20代後半が35%です。30代は約20%で、40代以上は6%を切っていました。

女性の利用年齢層は若い世代に大きく傾いていますね。

50代など1%未満。女性は男性よりも、年齢が上がると異性に恋愛対象として見られなくなりやすいのが原因だと考えられます。

40代の男性は経済力を求める女性には魅力的ですが、男性は見た目の若さを求める傾向が強いわけですね。

そのせいか、実際に調査をしていた時の感覚的にも「女性ユーザーはほとんど20代」でした。

女性との出会いを求める男性の場合、相手の女性はほぼ20代の方になると考えておくと良いでしょう。

タップルにおける年齢確認の信頼性

タップルにおける年齢確認の信頼性

タップルでの主な年齢層が20代だと理解できたところで、データは本当に正しいのか確認していきましょう。

40代の人が20代だと簡単に偽れるシステムだったら、年齢層の割合は信用できませんからね。

まずマッチングアプリでは出会い系サイト規制法によって年齢確認が義務付けられています。

もちろんタップルも年齢確認をしないと利用ができないシステムです。

ではタップルでは年齢確認をどのように行っているのでしょうか。

タップルでの年齢確認で使用できる書類は、以下の通り。

・業者やヤリモク、既婚者に注意 ・30代だとミスマッチが起こる ・婚活目的の人には不向きかも

運転免許証やパスポート、健康保険証はどれも偽れません。

その他を選択すると提出できる、学校の学生証や年金手帳、障碍者手帳、住民基本台帳カードなども同様です。

上記の書類を撮影して運営会社に審査を申し込むと、書類に書かれている生年月日とアプリに登録した生年月日が合致するか確認されます。

顔写真と自撮り写真の比較などはないため、気軽に行えますね。

しかし、顔写真の比較が必須ではないため、生年月日を合わせておけば他人のものとすり替えることも一応は可能です。

偽造の危険性は例えどんな方法を使っても、マッチングアプリである以上避けられないものでしょう。

とはいえ、そこまでして他人に成りすます人は少ないです。

そもそも他人の個人情報が載った書類を準備するのは大変だし、どうせ後からバレる年齢を詐称するために苦労をする人はほとんどいないでしょう。

以上の理由から、タップルの登録年齢は基本的に信頼できると言えます。

タップルの「いいかも」って何?年齢層を知ったら次はいいかも数については把握しよう↓
タップルいいかも数の平均を徹底調査【人気会員になるポイントも解説】

タップルの年齢層は低い!20代には断然おすすめ

いかがでしたでしょうか。

今回はタップルの年齢層について徹底解説しました。

タップルは全体的に20代が中心のマッチングアプリです。

若い方には断然おすすめでき、同世代と気軽にマッチングできますよ。

ぜひ今回の記事をあらためて参考にし、素敵なパートナーを見つけていきましょう!