タップルは実際に会えるアプリなの?【結論、会えるけど工夫は必要】

公開日:

「タップルは本当に異性と出会えるの?」
「出会えないっていう口コミも出会えるって口コミもあったけど、結局どっち?」
「出会えない人の特徴や対策とかはある?」

という疑問をお持ちの方はいないでしょうか。

タップルは非常に有名なマッチングアプリであるためネット上に情報が多く、そのせいで逆に実情が分からなくなりやすいでしょう。

「気軽に出会える」と喜んでいる人もいれば、「1年使ったけど誰にも会えない」という悲しい人もいます。

そんな状態では、どっちの意見を信じればいいのか分からなくなりますよね。

そこで本記事では、タップルで出会えたケースを確認した後、出会えない人の特徴や対策を見ていきます。

タップルの正しい使い方を知って、あなたも「出会える人」になっていきましょう。

タップルで実際に会えた人はたくさんいる

最初に言ってしまうと、タップルで出会えた人はたくさんいます。

タップルで出会って交際に至った人も多いですし、結婚にまで繋がったという方も珍しくありません。

「友達作りのために始めたものの、気が合う相手が見つかって結局付き合うことになった」というケースもあります。

公式のデータによると、毎月10000組のカップルが誕生しているようですよ。また、これまでで累計2億組のマッチングが成立しています。

過去の実績を数字で見ても、かなり高確率で出会えることが分かりますね。

ではなぜ「出会えない」という口コミがあるでしょうか。それは、利用の方法が悪いからです。

メッセージが下手だったり写真が悪かったりと、出会えない理由はたくさんあります。反対に言えば、それらを改善すれば高確率で出会えるということですね。

ということでここからは、出会えない人の特徴とその対策を見ていきます。

タップルで出会えない人の特徴と対策

タップルで出会えない人の特徴は以下の3点です。

  • プロフ写真がイケてない
  • 自己紹介文が短すぎる
  • メッセージのやり取りが下手くそ

1つずつ確認して、対策を知っていきましょう。

特徴①プロフ写真がイケてない

まず最も多いのが、イケてないプロフィール写真です。

タップルでは3枚の写真を設定できます。これは他のマッチングアプリと比べるとやや少なめですね。

そのため、1枚1枚の重要度が高いと言えるでしょう。

当然、これをないがしろにしている人は中々出会えません。

写真を1枚しか設定していなかったり、ネットで拾ってきた画像やイラストなどを設定するのはあまり良くないでしょう。

ではどんな写真が望ましいのか。それは、屋外で誰かに撮ってもらった写真です。

ポイントは以下の2点。

  • 屋外で撮ったこと
  • 他者に撮ってもらったこと

まず、屋内の写真よりも屋外での写真の方がマッチング率は高くなります。

明るい屋外でのびのびとしている様子を写す方が開放感があり、それが安心感にも繋がるからでしょう。

「暗い室内で撮った写真の方がクールだ」という意見もあるかもしれませんが、出会いたいならば安心感を抱いてもらう方が重要です。

また、自撮りよりも他者に撮ってもらった写真の方が望ましいですね。

なぜなら、自撮りは少しナルシストな感じを抱かせやすいからです。

ナルシストは万人に嫌われやすいので、マッチングではそのイメージを持たれないように気を付けた方が良いでしょう。

特徴②自己紹介文が短すぎる

次に多いのが、短すぎる自己紹介文ですね。

タップルで会えない人は、自己紹介文の情報量が少なすぎます。

タップルではプロフィールに表示させる自己紹介文が設定できますが、出会えない人はそこを全然設定しません。

空欄だったり一言しか書いてなかったりすると、相手に自分がどんな人かアピールできませんよね。

自己紹介文が空欄でも勝手に相手から関心を持たれるほどの容姿があるなら別ですが、そうでない人は自己紹介文で相手の関心を惹く必要があるでしょう。

人は自分と共通点が多い人に好意を抱きやすいため、たくさんの趣味や好きなことを書いておくのは効果的です。

プロフの自己紹介文を見て共通の趣味などがあったら、相手は興味をそそられるかもしれないし、共通の話題にもなりますよね。

良い自己紹介文は、自分の趣味などの関心ごとを書いた長めのもの。

  • 関心のあることを書く
  • 文量を多くする

というのが大切。

関心のあることを書くのは、上述のように共通点を見つけてもらいやすくするためです。

多趣味であることもプラス評価になることが多いので、心配せずたくさん書きましょう。

たくさんの情報を載せていると、「この人はオープンな人でやましいところがないのだろう」というイメージを与えられます。

「真面目すぎて重い」と感じられないようにだけ気を付けて、ユーモアまじりにたくさんの情報を詰め込んでいきましょう。

特徴③メッセージのやり取りが下手くそ

そして最後が、メッセージのやり取りが下手くそという特徴です。

マッチングしてもメッセージが下手くそだと、実際に出会うまでに縁を切られてしまいます。

話していても楽しくない相手と実際に出会いたいとは思わないでしょう。

「この人つまらないな」と感じさせないようには注意しておくべきです。

また、「初回メッセージを送っても返事が返ってこない」という方も多いでしょう。

初回メッセージは自分への印象を決める大切なものなので、しっかりと考えて送ることが大切ですね。

良いメッセージの基本は、以下の3点。

  • ありきたりでないこと
  • 相手を話題の中心に置くこと
  • 共通点をアピールすること

まずありきたりなメッセージは、かなり高確率で返事がきません。

「はじめまして」や「仲良くしてくださいね」みたいなよくあるセリフだけを送るのはやめましょう。

そして、めでたく初回メッセージに返信がきたら、そこからは相手を話題の中心に置くように意識すると良いです。

人は自分の話をするのが基本的に好きですから、相手を中心にすれば快く会話をしてもらえます。

質問攻めにしないようにだけ気をつけながら、質問を重ねていきましょう。

タップルで出会いたければ工夫を重ねていこう

ここまで見てきたようにタップルは実際に出会えますが、出会うためには色々な点に工夫をしていく必要があります。

本記事で紹介した「出会えない人」の特徴に自分が当てはまっていないか確認し、もしも当てはまっていたら改善していってくださいね。

本記事の内容を参考にして、あなたが良い相手と出会えることを祈っています。