タップルには既婚者が比較的多いので、見分け方を身に付けておこう

「タップルを使ってみたいけど、既婚者がいないか心配」
「タップルに潜む既婚者を見分ける方法が知りたい」

という方はいないでしょうか。

マッチングアプリで既婚者と出会うと不倫になってしまったり遊ばれてしまったりするので、できれば避けるべきでしょう。

しかし、残念ながらタップルには既婚者が比較的多いです。

というのも、タップルには既婚者にとってありがたい機能が多くなっているためです。

また、業者やマルチの人と違って既婚者は見分けるのが比較的難しい印象があるでしょう。

そこで本記事ではタップルに既婚者が多い理由を解説した後に、既婚者の見分け方を紹介していきますね。

タップルに既婚者が多い理由2つ

では最初に、タップルに既婚者が多い理由を解説していきますね。

理由は以下の2つ。

  • Facebook認証がない
  • 「とうめいマント」というアイテムの存在

理由を知ることで既婚者がどんな風に考えているのかが理解でき、見分ける時のヒントになるでしょう。

既婚者が多い理由①Facebook認証がない

1つ目が、Facebook認証がないという理由です。

タップルはマッチングアプリにしては珍しく、Facebook認証がありません。

他のマッチングアプリには、利用に際してFacebook認証による本人確認が必要なものが多いです。

しかしタップルは免許証での年齢確認以外なにも必要ないので、既婚者でも気軽に登録できてしまいます。

Facebook認証をしたら即Facebookで通知されるわけではありませんが、既婚者はそれを嫌うことが多いでしょう。

「どうせなら、何らかの勘違いで周囲にばれてしまう可能性がないアプリがいい」と考えて、そもそも他のSNSと連携しなくて済むものを選びます。

既婚者なのにマッチングアプリを使おうとしている人は、周囲にばれることを最も恐れます。

「周囲にばれたくないと考えている」という既婚者ユーザーの心理は、知っておくと見分ける時に有益な情報となるでしょう。

しっかり押さえておいてくださいね。

既婚者が多い理由②「とうめいマント」というアイテムの存在

そしてもう1つの理由が、「とうめいマント」というアイテムの存在でしょう。

タップルでは、アプリ内でアイテムを購入することができ、その中に「とうめいマント」があります。

「とうめいマント」の効果は、自分がいいかもをした相手とマッチングした相手のみを表示するというもの。

他の人からは見えなくなります。

つまり、自分が間違っていいかもを押さない限り、知人にばれる危険性が完全に0になるということですね。

既婚者にとってこれは最高のアイテムです。

アイテム表示の画面にも「こっそりバレずに恋人探し」と記載されています。

タップルは、そもそも同性は表示されないシステムなので隠す理由があまりありません。

にも関わらずこんなアイテムがあるというのは、既婚者が利用することを想定しているのかもしれません。

さらに毎回購入する必要もなく、一度入手したらその先永遠につけるので非常にコスパが良いものとなっています。

このように、タップルではコスパよく「知人から隠れて出会いたい」という要望を叶えられるため、既婚者が好むわけですね。

タップルに潜む既婚者の見分け方

タップルに既婚者が多い理由を知ったところで、その既婚者を見分ける方法を知っていきましょう。

方法さえ知ってしまえばかなり高確率で怪しい人を見分けられるため、タップルを安全に利用できますよ。

方法は以下の3つ。

  • 自宅について質問してみる。
  • 夜に電話しようと誘ってみる。
  • 大きなイベントの日に誘ってみる。

既婚者の見分け方①自宅について質問してみる

上述したように、既婚者は自分の個人情報を知られたくないと考えています。

最寄り駅ですら隠したがる人も多いでしょう。そのため、あえて自宅について質問してみるのが効果的です。

いきなり住所を聞くのは不信なので、最初は何気ない会話の中で家の間取りなどを聞いてみるのが良いですね。

自然な会話のコツは、自分のことを先に話してからついでのように聞くことでしょう。

「私、家から駅まで結構遠くて大変なんですよ。○○さんは家から駅って近いですか?」のような話の流れで、「最寄駅ってどの辺りなんですか?」と続けるのがおすすめです。

その時の返答が曖昧だったり、無視して他の話を振ってきたりする場合は、少し警戒が必要でしょう。

とはいえ、もとからプライバシーの意識が強めの人である可能性も十分にあります。

そんな時は実際に対面で出会った時に、最寄り駅を聞いてみると答えてくれることが多いです。

試してみてください。

既婚者の見分け方②夜に電話しようと誘ってみる

次の方法は、夜に電話をしようと誘ってみることです。

既婚者の場合、家で電話をすることは難しいケースが多いでしょう。

そこで、夜間の時間帯に電話しようと誘ってみて、いつでもそれが可能なら既婚者の可能性は少し下がります。

反対にいつも断られたり、電話がかかってきても外で話しているような雰囲気があったりする場合は、黄色信号でしょう。

そんな時は「家では電話ってしづらいのかな?」と正直に聞いてみるのが効果的です。

もしそれが図星であれば何らかの動揺がみられますし、濡れ衣であればちゃんとした理由を説明してもらえるでしょう。

疑うのは悪いと感じるかもしれませんが、ちゃんと安心した上で関わった方がお互いのためになるので、変な遠慮はしないで正直に聞いてくださいね。

既婚者の見分け方③大きなイベントの日に誘ってみる

既婚者は当然、大半が配偶者に隠れてマッチングアプリを使用しています。

そのため、イベントがある日に予定が埋まっていると、配偶者に疑われやすくなります。

そういった理由から、クリスマスやバレンタインなどの恋人が喜ぶイベントごとの日はあってくれないという方も多いでしょう。

特に、平日の仕事終わりにしか会ってくれない、などの場合はかなり怪しいですね。

怪しさを感じた時は、やはり正直に「祝日とかイベントの人かに一緒に出掛けたいな」と言ってみましょう。

その時ににべもなく断られるのであれば、既婚者である可能性がかなり高い相手ということになります。

「何でイベントの日はダメなの?」と聞いた時に不機嫌になったりしたら大体黒だと考えて良いでしょう。

脈ナシの状態から必死に努力して振り向かせたのに実は既婚者だった、という悲惨なことにならないように、早い段階で新しい相手を探していくことをおすすめします。

タップルには既婚者が多いが、見分けることは可能。安全に使うために知識をつけよう

この記事でみてきたように、タップルでは既婚者に注意して利用する必要があります。

ですが、そもそも既婚者はどんなマッチングアプリにも存在します。

存在しない完全に安全な場所を探すのではなく、適切な知識を付けてどんな場でも安全に出会えるような知識をつけていきましょう。

まずは本記事で解説してきた知識を使って、既婚者から自分の身を守る方法を実践してくださいね。

本記事を読んだあなたが既婚者に騙されることなく、素敵な出会いができることを祈っています。