タップルの男女別要注意人物の特徴と種類を解説【悪質ユーザーに出会わないようにしよう】

悪質ユーザーの種類と男女別の特徴を解説

「タップルにはどんな要注意人物がいる?」
「男女別の特徴を知りたい!」
「やっぱり一番危険なのは業者?」

このように要注意人物の存在について気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなタップルの要注意人物について男女別に解説していきます。

タップルの要注意人物は3種類

タップルの要注意人物一覧

ではまず、注意すべき人物の実態を見ていきます。

具体的には以下のとおりです。

・サクラ
・業者
・ヤリモク

次から順番に見ていきましょう!

要注意人物①:サクラ

マッチングアプリで最も有名なのがサクラでしょう。

サクラは運営会社が雇った偽の利用者。とくに出会い系サイトで会う気もないのに思わせぶりなメッセージを送って、課金に誘導するユーザーですね。

見分けるのが非常にむずかしく、厄介な迷惑人物です。

しかし結論から言えば、タップルにサクラはいません。

なぜなら、タップルは月額制だからです。

月に3,700円(税込)を課金すれば、どれだけ機能を使っても費用はかかりません。つまり、わざわざサクラを雇うメリットは無いですね。

反対にサクラを増やすと「サクラが多い」口コミが増える分だけ、損をしてしまうでしょう。

以上の理由から、タップルにはサクラがいないと言い切れるわけです。

要注意人物②:業者

続いて紹介する要注意人物は業者です。

業者は残念ながらタップルにも一定数います。

業者はアプリに潜入して外部サイトに誘導し、最終的にはお金を取ろうとする悪質ユーザー。

個人で活動しているため、運営会社も完全に業者を取り締まるのは難しいのが現状です。

投資・オンラインサロン・FXトレードなど、ユーザーの興味がわきそうな分野で誘導してくるため、非常に厄介な要注意人物でしょう。

もしも見つけたらすぐに通報して、完全無視しておくのが無難ですね。

要注意人物③:ヤリモク

最後に紹介する要注意人物はヤリモクです。

ヤリモクは肉体関係を結ぶためだけに利用している悪質ユーザー。

甘い言葉をかけて口説いてきますが真剣に交際する気はなく、肉体関係を持った後は音信不通になるケースも少なくありません。

真剣な交際を求めているのであれば、ヤリモクと関わるのは時間の無駄ですね。

ヤリモクは女性も存在しますが、積極的に関わるのはあまりおすすめしません。

いわゆるメンヘラである可能性が高く、トラブルに巻き込まれる危険性があるからです。

男性はヤリモク女性を見つけると短絡的に「ラッキー」と思ってしまいがちですが、一度冷静になって自分がタップルを使っている意味を考えてみましょう!

タップルの要注意人物(男性)

タップルの要注意人物(男性)

ここからはタップルに存在する男性の要注意人物を解説していきます。

主に業者とヤリモクであり、特徴は以下のとおりです。

・LINE交換の提案が早い
・すぐに会おうとする
・初回から夜遅くの飲みやドライブを指定する

次から順番に見ていきましょう!

要注意人物の特徴(男性)①:LINE交換の提案が早い

LINE交換の提案が早い場合は要注意です。

距離感を考えずにアプローチしてくるのは業者がよく用いる手段。

ビジネスへの誘導は利用規約に違反しているため、出来るだけ証拠を残したくないのでしょう。

出会ってすぐのメッセージでLINEIDを送ってくるのは明らかに怪しいです。

業者でもなければ、すぐにタップルからLINEに移りたい理由もありません。

LINE交換の提案が早い場合は注意しましょう!

要注意人物の特徴(男性)②:すぐに会おうとする

すぐに会おうとするユーザーも危険です。

メッセージでお互いを知ろうとせず会いたがるのは、ヤリモクの可能性大。

とにかく肉体関係を結べれば何でも良いと考えているので、人となりなど全く知ろうとしません。

やりとりして間もなく「とりあえず一回会ってみませんか?」と誘われたら、少し警戒すべきですね。

誠実な男性なら、メッセージを通じて関係を徐々に深めていきます。

すぐに会おうとするユーザーは注意しましょう!

要注意人物の特徴(男性)③:初回で夜遅くの飲みやドライブを指定する

初回から夜遅くの飲みやドライブなどに誘ってくる人は、ほぼ確実にヤリモクです。

酔わせてお持ち帰りするのも、車でホテルに連れ込むのも、ヤリモク男性の常套手段。

初回から密室デートや遅い時間を指定してくるデートには十分警戒しておきましょう!

違和感を覚えたら、フェードアウトするか昼にランチやカフェを提案すると良いです。

実際にヤリモクを撃退した方法は以下記事で解説しています↓
【女性必読】タップルに潜むヤリモク男を撃退した方法!【体験談を交えて傾向と対策を紹介】

タップルの要注意人物(女性)

タップルの要注意人物(女性)

続いては男性が警戒すべき要注意な女性の特徴です。

男性はヤリモクよりも業者に対して警戒を強くすべきです。

なぜなら、ヤリモクの女性は明らかに少ないから。

気を付けるべき女性の特徴は以下のとおりです。

  • やたらと積極的
  • ビジネス関連の話題が多い

次から順番に見ていきましょう!

要注意人物の特徴(女性)①:やたらと積極的

やたらと積極的な女性は注意しましょう。

LINEの早期交換を持ちかけるのはもちろん、交換後も「猥らな写真を送るから」と別サイトの登録を頼んできます。

登録したところで写真など届かず、架空請求と迷惑メールの餌食になるのがオチでしょう。

また、「会いたい」と言われて意気揚々とデートしても、ひたすらビジネスの勧誘をされるケースもよくあります。

変な下心で騙されないようにしましょう!

要注意人物の特徴(女性)②:ビジネス関連の話題が多い

ビジネス関連の話題が多いユーザーも危険です。

美人なプロフィール写真を使って、投資や副業の話を振ってきます。

悪質ユーザーは男性が魅力的な写真につられやすいのも認識しているからでしょう。

そもそも写真はネットで拾ってきたフリー画像である可能性が高いです。

ビジネスの話しかしない人に出会ったら、変に期待せずすぐ縁を切ってしまいましょう!

タップル以外に要注意人物が少ないおすすめマッチングアプリ3選

タップルで要注意人物と多く出会ってしまった人には下記3つのアプリがおすすめ。

おすすめアプリ①ペアーズ
おすすめアプリ②with
おすすめアプリ③Omiai

要注意人物が少ないおすすめアプリ①:ペアーズ

ペアーズは会員数1,000万人突破、利用者数No1の国内最大級恋活アプリ。

利用者は「良い人がいればお付き合いしたい」と願う恋活利用のユーザーが8割を占めています。

そして、ペアーズの最大の魅力はなんといっても会員数1,500万人越えという多さ。

他のマッチングアプリでは「地方だとユーザーが少なくてなかなかマッチングできない」などの悩みもありました。しかし、ペアーズは会員数が多いため地方でもマッチング率が高いです。

距離設定できるので県をまたいだ恋も可能。筆者の知り合いにもペアーズでお付き合いをされた方もいます。

要注意人物が少ないおすすめアプリ②:with

withは心理学や統計学に基づいたイベントを中心に、会員が楽しめる仕掛け満載のマッチングアプリ。

好きなことや趣味などを設定しておけば、自動的に共通点のユーザーからアプローチがきます。アプローチがきた会員を気に入ればマッチング率は大幅アップ。

また、withの最大の特徴である「相性診断」はユーザーに大人気の多種多様な診断テストです。

withの相性診断心理テストでは結果をもとに相性の良い相手を紹介してくれます。

さらに、1日10人まで相性の良い相手にいいねを無料で送信可能。

withのダウンロードはこちら!

要注意人物が少ないおすすめアプリ③:Omiai

Omiaiは累計会員数600万人突破の国内最大級のマッチングアプリ。

2012年に異性紹介マッチングアプリの文化を日本に根付かせた元祖マッチングアプリ。他アプリと比べると出会いに真剣な人が多く、結婚を見据えて付き合いたい人向けのアプリです。

また、Omiaiは「いいね!」が分散する仕組みがあるため、お相手からの「いいね!」がもらいやすくマッチング確率が高くなります。

Omiaiの「いいね!の分散」システムとはユーザーの人気具合によって、いいねの消費数が変化するのが特徴。

人気会員にいいねすると「10いいね」消費してしまうんです。

1人の会員に「10いいね」消費するのであれば、普通の会員10人に「計10いいね」するのが効率的。

当システムのおかげで全会員にまんべんなく「いいね」が行き渡りやすくマッチングしやすい環境をつくれるのです。

他のマッチングアプリでは全くマッチングしない人はOmiaiを利用するのがおすすめ。

Omiaiのダウンロードはこちら!

タップルの男女別要注意人物を見分けて安全に利用していこう!

いかがでしたでしょうか。

今回はタップルの要注意人物について男女別に解説しました。

タップルで注意すべきは業者とヤリモクです。

とくに業者は男女共通で存在する悪質ユーザーのため、対策を取る必要があります。

今回の記事をあらためて参考にし、ストレスなく安全に活動していきましょう!