タップルが安全な5つの理由!危険回避の方法もわかりやすく解説します!

公開日:

人気マッチングアプリ【タップル】ですが、本当に安全に使えるのか気になったことはありませんか?

マッチングアプリの中には安全性の低いものがあるのも事実。

しかし、その中でもタップルは特に安全に利用できるマッチングアプリです。

この記事では、タップルがなぜ安全なのかを詳しく解説していきます。

タップルが安全に利用できる理由5つ

なぜタップルが安全に利用できるマッチングアプリなのか、5つのポイントで説明していきます。

①適正な個人情報管理で安全
②24時間365日監視体制が整っている
③インターネット異性紹介サービス届け出済み
④会員数が多いのは安心できるアプリの証拠
⑤サクラはいないので安全

次から詳しく解説していきますね。

①適正な個人情報管理で安全

ネットに「免許証などの本人確認書類をアップロードしても大丈夫なのかな」と、抵抗を感じる人もいると思いますが、その点についてタップルは問題ありません。

なぜならタップルは、第三者機関である社団法人日本プライバシー認証機構が行っている「TRUSTe」という個人情報保護の認証を受けています。

個人情報流出の心配はまずないと言ってもいいでしょう。

「TRUSTe」は、個人情報保護法よりも厳しい基準で、管理が正しく行われているサイト(アプリ)にのみ表示されるマークです。

一度「TRUSTe」に認定されればそれでOKということではなく、定期的に監査があるため、個人情報の管理は常に正しく行われていなければなりません。

②24時間365日監視体制が整っている

タップルでは、自動フィルタで問題のある書き込みやメッセージを検知し、不正なプロフィールや、18歳未満のユーザーの利用を制限しています。

また、自動フィルタだけでは拾いきれない部分は、有人監視システムでも投稿をチェックしているのでさらに安心です。

なお、悪質ユーザーへの通報があった場合は、すぐに確認が行われ、必要と判断されれば投稿の削除や強制退会などの対応をしてくれます。

監視は、24時間365日と公式でも発表されているので、タップルは安心して利用できますね。

タップルは、サイバーエージェントグループの「株式会社タップル」が運営しています。

有名な会社のグループなら、聞いたことがないような会社よりもずっと安心して利用できますよね。

③インターネット異性紹介サービス届け出済み

インターネット上での出会いを目的としたサービスは「インターネット異性紹介事業の届け出」を警察署に提出する必要があります。

法人の場合も、誓約書や代表者の住民票の写し、定款の謄本などの公的書類が必要となり、警察の審査をクリアしなければ受理されません。

届け出済みのサイト(アプリ)には受理番号が掲載されているのでチェックしておきましょう。タップルにもきちんと番号が明記されているので安心です。

また、届け出をしているのに、18歳未満は利用できない旨がサイト上にしっかりと明記されていないと、行政処分の対象になることもあるようです。

なお、この「インターネット異性紹介事業の届け出」がされていないサイトは、運営や個人情報管理がずさんだと考えられ、安全だとは言えません。

④会員数が多いのは安全なアプリの証拠

タップルは会員数が500万人を突破しています。これはたくさんのユーザーから支持があり、安全なマッチングアプリだと信頼されてきた証明のひとつだと言えますよね。

また、悪質な出会い系サイトとは違い、メッセージ一通ごとに料金がかかるポイント制は取っていません。悪質サイトなら「いくら課金しても実際にデートはできず出会えない…」ということもありえるので、ここまで会員数は増えません。

安く利用できるマッチングアプリがあったとしても、ユーザーの質が悪かったり、サイトの安全性が確保されていなければ、かえって危険な目に遭うかもしれません。

きちんとある程度の適正料金を払うことによって、サイトの安全が維持され、それにより会員数が増えていると考えられますよね。

⑤サクラはいないので安全

サクラとは、異性ユーザーからたくさんポイントや金銭を使わせるために雇われた偽の会員のこと。

悪質な出会い系サイトによくあり、実際に出会う気はなく、課金させるためにダラダラとやりとりを続けるのが特徴のようです。

タップルは月額料金制のため、メッセージのやりとりがあってもなくても直接売上には影響しません。

中には「業者」と呼ばれる、ネットワークビジネスや生命保険などの勧誘目的でタップルを使っているユーザーもわずかに存在するようですが、タップル側で雇ったりしているわけではありません。

そのような悪質ユーザーはタップルにとっても迷惑なため、見つけ次第すぐ退会させられるようです。

さらに安全にタップルを利用する危険回避ポイント3つ

安全に利用できるタップルですが、先に挙げた通り、数は少ないものの業者や悪質ユーザーも存在します。

ここでは、悪質ユーザーの傾向と、対応方法をご紹介していきます。

・「ヤリモクかも?」→簡単に誘いに乗らない
・「既婚者かも?」→本人確認済み?時間帯もチェック
・「業者かも?」→人通りの多い場所で昼間に

怪しいユーザーには関わらないのがベストですが、この方法を知っていれば危険は回避できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

・「ヤリモクかも?」→簡単に誘いに乗らない

ヤリモクユーザーは、あまり仲良くなっていなくてもすぐに会いたがることが最大の特徴。また、マッチング直後にLINEを聞いてくることも多いです。

本当にヤリモクかどうかは実際に会ってみないと判断が難しいですが、誠実な人ならあなたのペースに合わせたり、お互いの気持ちが盛り上がったいいタイミングでお誘いがあるはずです。

もしかしてヤリモクかも?と思った場合は、すぐにお誘いには乗らずに、あなたが良いと思えるタイミングまで待ってもらいましょう。

ヤリモクであれば、他のユーザーにも同時進行しているはずです。あなたへの興味が薄くなれば、次第にやりとりが減っていくので、その点でも真剣かどうかを見分けられます。

・「既婚者かも?」→時間帯や行動、SNSもチェック

既婚者はタップルの利用は禁止されていますが、独身のフリをしてユーザー登録している悪質な人も…。

既婚者の場合は、自分のことをあまり詳しく教えたがらず、プロフィールをきちんと埋めていない場合が多いです。

土日のデートができなかったり、デートは平日の夜以外は無理だと言われたりと「もしかして家族や子供がいるのかな?」と感じる時間帯のお誘いをしてくることもあります。

相手の名前や写真が分かっているなら、FacebookやインスタグラムなどのSNSで調べてみるのも一つの手です。結婚しているという記載があるなら一発アウトなので、即通報してくださいね!

また、実際に会ってデートをする前に、電話デート(オンラインデート)を提案してみるのも一つの方法です。なぜか場所が家ではなく外だったり、そもそも電話できないと断られたりしたら、少し怪しんでみてもいいかもしれません。

もし、会ってみなければわからないような場合には、相手の指輪の跡や、スマホの待ち受け画面(うっかり子供の写真を設定している場合も!)も見たり、総合的にチェックしてみてください。

・「業者かも?」→人通りの多い場所で昼間に

業者も、すぐにLINEや他サイトに誘導してきます。「タップル(LINE)の調子が悪いから別のサイトに登録してやりとりほしい」などはよくある手段なので、騙されないようにしてくださいね。

どこか日本語がおかしく、言葉が嚙み合わないということも珍しくありません。

また、投資や副業、自由な生活や老後の不安などを謳っているユーザーはかなりあやしいと思っていてください。関わると、あの手この手であなたの情報を聞き出し、金銭を搾り取ろうとしてきます。

判断が難しい場合は、個室のお店や、相手が指定した場所は避けるようにしてください。また、昼間であれば「このあと予定があるから」と言って切り上げることができるので、なるべく夜には会わないようにしてくださいね。

もし話が勧誘の方向になった場合は「そういうお話なら帰ります」と毅然とした態度を取るようにしましょう。相手を気遣う必要はないですよ!

【まとめ】タップルは安全に利用できる!危険回避方法も知れば完璧!

タップルは安全に利用できるマッチングアプリだということが分かって頂けたと思います。

個人情報管理の徹底や24時間監視はもちろんのこと、ユーザーが安心安全に利用できることを大切に考えた優良マッチングアプリです。

ごくわずかに存在する悪質ユーザーは相手にせず、もし見つけてしまった場合は通報で対応してくださいね!