タップルとwithのどちらがいい?2つのマッチングアプリを徹底比較

マッチングアプリの有料登録を考えている人でタップルとwithのどちらを利用しようか迷っている人はいませんか?

確かに、タップルとwithは似ている点も多くあり、どちらを利用していいのか分からなくなる人が多いのも事実です。

そこで、タップルとwithの基本情報や実際の利用結果を基に、どちらがいいアプリなのか徹底検証しました。

本編を参考に、タップルとwithについて知ってもらえたら嬉しいです。

タップルとwithの基本情報を比較

まずは、タップルとwithの基本情報を比較して一覧表にしました。

#項目タップルwith
女性の年齢層20~30代20~30代
会員数600万人450万人
料金(1か月)3,700円(税込み)3,600円(税込み)
利用目的恋活・気軽な出会い恋活・真剣な出会い
いいね(いいかも)の方法絶対評価(スワイプ式)相対評価(選択式)
アプリの特色送れる「いいかも(=いいね)数が多い心理テストでマッチできる女性を探せる

では、それぞれ項目別に特徴を解説しましょう。

①: 女性の年齢層

どのマッチングアプリも登録ユーザーの年齢別の登録分布を発表していません。

ただ、タップルもwithも20代後半を中心とした20代、30代の女性ユーザーが多いと言われています。

20代、30代の女性を恋愛ターゲットにしている男性に適したマッチングアプリです。

②: 会員数

タップルの登録会員数は約600万人に対して、withは450万人と登録者数はタップルの方が30%程度多いです。

ただ、どちらのマッチングアプリも多くの登録者がいるため、色々な条件はあるものの出会えないということはありません。

むしろ、どちらも多くのユーザーが登録しているアプリと認識してください。

③:料金

タップルの利用料金が1か月3,700円に対して、withが3,600円と利用料金にほとんど差はありません。

どちらかを利用するか迷っている場合、料金面はあまり考える必要はないでしょう。

④:利用目的

タップルもwithも「恋活」アプリで、婚活アプリと比較して結婚まで意識して利用するものではありません。

ただし、タップルのほうがより気軽に使え、withは真剣な出会いを求める女性が多い傾向にあります。

実際、タップルは~200文字程度の短い紹介文、withはびっしり紹介文を書いている女性が多いです。

twitterを見ても、以下のようなつぶやきがありました。

真剣に彼女を作りたいならwith、軽い恋愛を求めるのならタップルのほうが適しています。

⑤: いいね(いいかも)の方法

マッチングアプリでは女性に「いいね(いいかも)」を送りますが、タップルとwithではそのやり方が以下のように異なります。

  • タップル:検索条件を絞り込み、表示された女性1人1人を「いいかも」、「イマイチ」と絶対評価するスワイプ式
  • with:検索条件を絞り込み、いいとおもった女性にだけ「いいね」をする選択、相対評価式

また、withでは、女性が「いいね」された数が表示されますが、タップルは女性の「いいかも」数が分かりません。

タップルのマッチは運によるものが多いですが、withはやり方次第ではマッチ数を上げられるのも特徴です。

⑥:アプリの特色

タップルはマッチの「量」を重視しているのに対し、withはマッチの「質」を重視しています。

タップルはランダムに女性が表示され、1日最大120人に「いいかも」を送って数の論理でマッチさせる形式を取っています。

対して、withは以下のような内訳で1日に「いいね」を最大19人にしかいいねを送れません。

  • 6人:本日のピックアップ(withからのオススメ女性)で選ばれた女性
  • 10人:心理テストで高相性の女性の中から自由に選べる
  • 3人:制限なし

withはメンタリストのDAIGOさんが監修する、心理学を駆使して高い質のマッチングを実現できる点が最大の売りのアプリです。

マッチングの量より質を重視するような方針のため、タップルと異なり、多くの「いいね」を送ることができません。

マッチングの数を求めるのならタップル、質を求めるのならwithを利用しましょう。

37歳バツイチ男性がタップルとwithを実際使ったらどうなった?

では、ある男性がタップルとwithをそれぞれ3カ月間利用してどのような結果になったのかをご紹介します。

項目タップルwith
マッチ数約200人約60人
マッチした女性の年齢層23歳~41歳28歳~39歳
LINE交換した人数9人12人
出会えた人数6人8人

なお、男性のスペックは以下の通りです。

  • 37歳男性バツイチ子供アリ(別居)
  • 千葉県在住
  • 年収600万円程度
  • 見た目はイケメンではないが、ブサイクとも言われない普通の顔
  • 非喫煙者

では、それぞれ結果からタップルとwithの違いを分析しましょう。

①:マッチ数

マッチ数は圧倒的にタップルの方が多いです。

タップルは「いいかも」をすればそれだけマッチすることも多く、1日数件のマッチをする事も珍しいことではありませんでした。

ただし、マッチしてすぐメッセージを送っても返信が返ってこない、途中でメッセージが途切れることも珍しくありません。

対して、withは1日1マッチすれば御の字で、数日マッチしないこともありました。

以上の結果から、多くのマッチ数が欲しい人はタップルを利用しましょう。

②:マッチした女性の年齢層

マッチした年齢層だけ見ると、大きな差はありません。

ただし、より多くの若い女性とマッチしたのはタップルでした。

その要因として、以下が挙げられます。

  • withは「いいね」を送れる数が限られるうえ、「いいね」できる女性を選べる
  • withで若い女性には「いいね」が集中し、30代女性は「いいね」が分散していたので30代女性のほうがマッチする
  • タップルは多くの「いいかも」が送れる
  • タップルは女性の「いいかも」数が見えないため、心理に若い女性にも「いいかも」が送りやすい
  • タップルは絶対評価型のマッチングアプリで「イマイチ」を送ってもカードを消費するので「いいね」を送った方がいい

タップルもwithも年齢が近い方がマッチしやすいのは間違いありません。

ただ、タップルは若い女性にも「いいかも」送りやすい条件、理由と一定数マッチした事実があります。

タップルとwithのいずれかを利用するうえで、ターゲット女性の年齢層を考えましょう。

③:LINE交換した人数

LINE交換は、一般的に食事の話に行く話や電話やオンラインで話ができるようになるほど仲良くなった場合に行います。

withの登録女性は長期的にメッセージを続けられたため、マッチ数に対して20%の女性とLINE交換ができました。

一方、タップルはマッチ数200件に対してLINE交換数が9人とメッセージの継続に苦労したことがわかります。

タップルの登録女性は、多くの男性から「いいかも」をもらい続けるため、ゆっくりメッセージのやりとりはできません。

マッチしたら、スピード決着でやりとりをして、会う約束を取り付けてLINEの交換まで持ち込まなければならないのです。

以上の結果から、withは継続性、タップルはスピード感が求められるアプリであることが分かります。

④: 出会えた人数

マッチ数の割に、出会えた人数が多いのもwithなので、結果見ればwithの方が良く見えるかもしれません。

一方、タップルはやり方次第では会える女性数や質を上げられる可能性も感じます。

ただ、バツイチ37歳子持ちで月2~3人に会えているということは、タップルもwithも会えるアプリであることが分かります。

タップルを利用すべき人

では、以上の結果を踏まえ、タップルを利用すべき人は以下の通りです。

  •  早く会える女性を探している人
  •  若い女性に出会いたい
  •  見た目に自信のある人
  •  多くの女性とコミュニケーションを取りたい人

では、それぞれ解説しましょう。

タップルを利用すべき人①:早く会える女性を探している人

タップルは比較的「軽い出会い」に向いたアプリで、タップルの利用女性は早めに会える相手を求めているケースが多いです。

そのため、マッチしたら早めに会う話を取り付けないと会えません。

早めに会える相手を探している人はタップルを利用しましょう。

タップルを利用すべき人②:若い女性に出会いたい

年上の男性がモテる、30代男性はモテるとは言いますが、マッチングアプリではあまり期待できません。

実際、この37歳のバツイチ男性は、マッチングアプリで10歳程度若い女性とのマッチを狙ってなかなかマッチしませんでした。

マッチングアプリで年上人気が通用するのはせいぜい5~6歳差程度で、それ以上の年齢差が生まれるとマッチしなくなります。

10歳程度若い女性とマッチしたいのなら、それだけ多くの「いいね」を送る必要があります。

しかし、withでは1日に送れる「いいね」数が少ないため、年の離れた若い女性を狙うには適していません。

それに対し、タップルは多くの女性に「いいかも」ができるので、30代男性でも20代女性に会える可能性が上がります。

事実、この37歳男性も、タップルを通じて23歳女性と会えましたが、withの最年少は32歳でした。

30代男性が若い女性を狙うならタップルを利用しましょう。

タップルを利用すべき人③:見た目に自信のある人

タップルに登録している多くの女性は、軽い出会いを求めている女性が多いためしっかりした紹介文より見た目が重要です。

自分の見た目に自信がある人は、タップルを利用してより見栄えの良い写真を登録しましょう。

タップルを利用すべき人④: 多くの女性とコミュニケーションを取りたい人

タップルは爽やかな見た目の写真を登録し、最低限のプロフィールさえ書けていれば、それなりの数の女性とマッチします。

多くの女性とマッチして話をしてみたい、会える可能性を広げていきたい人はwithよりタップルを使いましょう。

ただし、マッチはするもののメッセージが返ってこなくなるケースが多いのもタップルの特徴です。

上述のように「会いたい」と思うなら、早めに会う段取りをつけられるようなコミュニケーション術を身につけましょう。

withを利用すべき人

一方、withを利用すべき人は以下の通りです。

  • マッチングアプリ初心者
  • 年齢の近い女性に会いたい
  • じっくり会える女性を探している人
  • 忙しくてあまり頻繁にメッセージできない人

では、それぞれ解説をしましょう。

withを利用すべき人①:マッチングアプリ初心者

withは心理学を使ってマッチしそう、相性がよさそうな人を選んでマッチさせるように作られています。

しかも、いつ、どんな話題で女性にメッセージを送ればいいのかまで指南してくれるので初心者向きです。

タップルはイケメンかある程度玄人じゃないと向きません。

しかし、withは初心者にも優しいアプリなので、自分はマッチングアプリに慣れていないと思ったらwithを選択しましょう。

withを利用すべき人②: 年齢の近い女性に会いたい

withはマッチしそうな人を毎日「本日のピックアップ」という機能で紹介し、そこには年齢の近い女性が表示されます。

また、タップルほど沢山の「いいね」ができないので、マッチ数を上げるなら比較的年齢の近い女性に「いいね」すると良いです。

30代の場合、10歳程度若い女性と会うためにはwithは適していません。

しかし、同年代の女性に会いたい人はマッチしやすく、やりとりが継続できるのでwithを利用しましょう。

withを利用すべき人:③じっくりコミュニケーションができる女性を探している人

タップルはすぐに会える女性を探すには適していますが、じっくりメッセージのやりとりをしていたら会えません。

しかし、相手のことをよく分からず会うのは、あまり気が進まない人もいるでしょう。

withの登録者は、人にもよりますが会うまでにある程度じっくりメッセージしても会えます。

タップルのようなスピード感についていけない人はwithを利用しましょう。

withを利用すべき人④:忙しくてあまり頻繁にメッセージできない人

タップルはマッチしたら早い段階でメッセージして、返信を貰ったらすぐにレスをして話題を展開しないといけません。

加えて、マッチ数が多いので、頻繁にメッセージを送る必要があります。

ただ、そんなマメに多くのメッセージを送る暇がないという人もいるでしょう。

withの場合、マッチ数が決して多くないので、多くの女性にメッセージを送る必要も、迅速な返信も必要としません。

マッチ数が限定的で、余裕をもってメッセージを返したい人はwithの利用をおすすめします。

タップルとwithはどちらも出会えるアプリ!ニーズで使い分けよう!

タップルもwithも出会える優良アプリで、甲乙つけられません。

利用目的、性質、使い方等を考え、自分にどちらを利用したほうがメリットが大きいかを考えましょう。

タップルは、フットワークを軽く、色んな女性とマッチして、出会えるチャンスが欲しい人に適しています。

withは、じっくり利用し、少数でもいいので自分に合った女性を探して会いたい人におすすめです。

それぞれの特徴を理解して自分の性格やニーズにあった方を利用しましょう。

本編を参考に、良い出会いのきっかけになれば幸いです。