【女性必見】ペアーズ(Pairs)にサクラの男はいる?【業者は?】

【女性必見】ペアーズ(Pairs)にサクラの男はいる?【業者は?】

ペアーズ(Pairs)でサクラの男がいるのかどうか、気になる方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ペアーズにサクラの男はいません。

しかし、業者やヤリモク、既婚者、タダ飯狙いなど、「健全な出会い」という本来の目的ではない男性も少なからずいます。

本記事では、ペアーズでサクラの男の代わりにいる悪質ユーザーの種類と、見極め方を解説します。

ペアーズにサクラの男はいない

ペアーズにサクラの男はいない

冒頭でも紹介しましたが、ペアーズにサクラの男はいません。

なぜかというと、ペアーズではサクラを雇う理由がないから。

そもそもサクラは、いわゆる「出会い系サイト」に多いです。

出会い系サイトはメール1通あたり11円(税込)といったように、やり取りが増えるほど課金額も増え、運営が儲かる仕組み。

つまり、運営の儲けを増やすためにたくさんメッセージを送らせるのが、サクラの役目。

しかし、ペアーズは女性は無料で利用できますし、男性もメッセージ数に関係ない月額制です。

よって、ペアーズがサクラを雇うメリットがありません。

しかし、サクラではなく「本来の目的をにあっていない悪質な男」は少なからずいます。

悪質な男は「ペアーズだから」ではなく、どのマッチングアプリにも一定数いるため、見極め方を知っておいて損はないでしょう。

ペアーズでサクラの代わりにいる危険な男5選

ペアーズでサクラの代わりにいる危険な男5選

ペアーズでサクラの代わりにいる危険な男は、以下の5種類です。

  • 業者
  • MLM
  • 既婚者
  • ヤリモク
  • タダ飯

1つずつ解説しますね。

危険な男①:業者

サクラとよく引き合いに出されるのが「業者」です。

業者にも様々な種類がありますが、以下のようなものが多いです。

  • 簡単に稼げる副業
  • 投資やFXの勧誘
  • 高額商材の販売

特に昨今の情勢から、「お金に困ってない?簡単に稼げるよ」という言葉をメッセージで送られてきたら要注意。

マッチングアプリはあくまで「健全な出会いの場」であってビジネスではありません。

お金の話が出たら、怪しいと思っておきましょう。

危険な男②:MLM

2つ目が地味に厄介な「MLM(マルチレベルマーケティング)」です。

MLMはネットワークビジネスとも言われ、「アム〇ェイ」を想像すればわかりやすいでしょう。

MLMは1人勧誘するごとに報酬がもらえ、そして勧誘した人がさらに別の人を勧誘すると、勧誘した人だけでなく「勧誘した人を勧誘した人」も報酬がもらえる仕組み。

もともとMLMは友人や知人経由で勧誘することが多かったですが、断った友人から距離を置かれやすいということが広く知られるようになりました。

そのため、よくも悪くも一期一会な「マッチングアプリ」を使って勧誘する人が増えています。

プロフィールも比較的一般ユーザーに近く、一見見極めにくいですが、メッセージのやり取りをしていくとすぐにわかるのがMLMですね。

危険な男③:既婚者

3つ目が「既婚者」で、ペアーズで時折見かけます。

なぜなら、独身を証明するものがペアーズの中にはないため。

婚活サイトでは、独身を証明する「独身証明書」を役所で発行してもらい提出する必要があります。

しかし、ペアーズへの登録は「独身証明書」の提出が必要ありません。

つまり、既婚者でも登録できてしまうんですね。

既婚者も見極め方が難しいですが、メッセージの返信時間が少し独特なことが唯一の判断基準と言えます。

危険な男④:ヤリモク

4つ目は「ヤリモク」です。

ヤリモクには、実は2パターンあります。

  • ただ単に身体目的の遊び人
  • すでに恋人がいるが浮気相手を探す人

後ほど詳しく紹介しますが、「メッセージの節々に身体目的を思わせる内容が含まれている」といった遊び人は見極めやすいです。

しかし、浮気相手を探す人は見極めがかなり難しいです。

筆者も見極められず、手痛い思いをしたことがあります……。

危険な男⑤:タダ飯

5つ目は「タダ飯」です。

女性に多いイメージですが、実は男性にもいます。

タダ飯目的の男性のほとんどが、ホストやぼったくりバーの営業ですので注意しましょう。

まれに営業でない男性もいますが、ヒモになる可能性大です。

タダ飯を提案されたときは、どんな人でも会うのを控えた方が賢明です。

ペアーズでサクラの代わりにいる危険な男の見極める方法

ペアーズでサクラの代わりにいる危険な男の見極める方法

では、ペアーズでサクラの代わりにいる危険な男と出会い、つらい思いをしないためにはどうしたらいいでしょうか。

最も効果のある見極め方を、種類別で解説します。

業者:お金の話がでたら原則クロ

業者の見極め方は「お金の話を出すかどうか」です。

マッチングアプリでお金の話を出すことは、通常ならありません。

「お金の話が出た時点で無視する」と考えておいて問題ないでしょう。

余談ですが、まれに業者ではなく一般ユーザーでお金の話を出す人がいます。

しかし、お金の話を出したり、ハイスペックを自慢するような一般ユーザーはモラハラ気質で地雷の可能性が高いです。

業者と同じように、無視しておきましょう。

MLM:パーティーに誘いが

MLMに多いのが「フットサルやバーベキューなどのパーティーに誘う」ことです。

マッチングアプリは1対1で会うのが基本ですので、複数人で集まる場で会おうと提案することはそもそもありません。

複数人で集まることを提案された時点で怪しいですので、無視でいいでしょう。

さらに、MLMの人がよく言うのは以下の言葉ですので、覚えておいてください。

「起業家とか社長とかが来るんだけど、よかったらどう?」

パーティーで起業家を、恋人候補として紹介してくれるわけではありません。

絶対に行かないようにしましょう。

既婚者:本来1番やり取りする時間に音沙汰なし

既婚者の見極め方は「メッセージの返信時間」です。

なぜなら、一般的に返信率が高いと言われている以下の時間は、家族との時間に使っていたり、不倫がバレないように連絡を控えたりしているいるため。

  • 平日…20時~22時
  • 休日…10時~21時

ただし、既婚者でなくても「単に連絡がマメじゃない」というタイプもいますので一概には言えません。

判断できる材料としては「女性慣れしているかどうか」ですが、女性慣れしていないからといって既婚者ではないと言えないので注意しましょう。

ヤリモク:遅い時間のデートにしがち

ヤリモクの傾向は「遅い時間のデートにしがち」です。

なぜなら、終電を逃すまで粘ることがヤリモクの目標だから。

健全な出会いを求める人は休日の昼間、もしくは仕事終わりの早い時間にデートを誘ってくるはず。

夜9時集合など、あまりにも遅い時間しか提案してこない男は、ワンナイト狙いなことが多いので要注意です。

タダ飯:デートの場所を限定するor教えない

実は、タダ飯の見極め方が1番簡単です。

なぜなら「デートの場所をやたら限定したがる」から。

タダ飯男の目的は、店に客を誘導すること。

食べたいものなどを聞かずにお店を指定してくる場合は、注意が必要です。

また、ぼったくりバーの場合は悪い評判がネット上でついていることがバレないよう、店名を教えないこともあります。

店名を聞いてもうやむやにされる場合は、断ることをおすすめします。

犯罪に巻き込まれる危険性もありますしね。

共通の見極め方

実は、5種類の危険な男に共通する見極め方があります。

以下のようなことがあれば、「危険な男かもしれない」と考えておきましょう。

危険な男に共通する特徴
  • イケメンで顔写真が1枚のみ
  • ハイスペックを見せびらかす
  • すぐにLINEや外部サイトへ誘導

詳しくはPairs(ペアーズ)で要注意の男とは!?見分け方や対処法を解説!!で解説していますので、よかったら読んでみてくださいね。

まとめ:ペアーズにサクラの男はいないが、要注意人物はいる

まとめ:ペアーズにサクラの男はいないが、要注意人物はいる

本記事では、ペアーズにサクラの男がいるのかどうかについて解説しました。

ペアーズにはサクラの男はいませんが、危険な男は少なからずいます。

具体的には、以下のような人たちです。

  • 業者
  • MLM
  • 既婚者
  • ヤリモク
  • タダ飯

ただし、危険な男には特徴がありますので、見極め方を覚えておくとつらい思いをしなくて済むでしょう。

何より、ほとんどのユーザーは健全な出会いを求めています。

安心して登録し、素敵な出会いを見つけてくださいね!